小春 (冬の季語:時候)

     小春 小春日 小春日和 小六月

小春
41冬の季語・時候・小春(ウェブ).jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 小春、小六月は陰暦十月(神無月=現在の11月頃)の異名ですが、一般的には、立冬を過ぎたあとの、よく晴れて春のように暖かい日々のことを指します。
 俳句でも、そのイメージで詠まれることがほとんどです。


季語随想
==============================
 寒い冬を迎える覚悟を決め、部屋ごとにこたつを作り、家中にストーブを置きました。

 そのあとで、天が授けてくれた小春日和…

 こわばっていた胸の中の何かが、日の光にほぐされていくような感じがします。

 考えるてみると、最近の私は、

 「人にとって一番大切なものは優しさと思いやりなんだ」って、

 自信を持って身近な子供たちに言えなくなっていました。

 こわばっていた胸の中の何かが、ほぐされていくような小春日和、久々に街へ繰り出し、人々の笑顔を見たくなりました。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 小春という季語は暖かさや明るさを連想させ、俳句を詠む人の心も、読む人の心も優しくさせます。
 しかし、その過ごしやすい日和は長続きしないため、どこか「はかなさ」も帯びています。

 季語の持つ暖かさ、明るさ、優しさとも響きあい、はかなさとも響きあうような刹那や景を詠みあげたいものです。

  古家のゆがみを直す小春かな (与謝蕪村)

  村々は茶色に霞む小春かな (建部涼袋)

  海の音一日遠き小春かな (加藤暁台)

  小春日や匙に掬ひし介護粥 (凡茶)

  観覧車より小春日の大東京 (凡茶)

  切抜きの裏に川柳小六月 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太著
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:11 | Comment(0) | 冬の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント