鰯雲 (秋の季語:天文)

     いわし雲 鱗雲 鯖雲

鰯雲
32秋の季語・天文-鰯雲.jpg
        デジカメ写真


● 季語の意味・季語の解説

 秋の空には、小さな無数の雲が疎ら(まばら)に、そして薄く広がっていることが多い。

 これを鰯雲(いわし雲)、鱗雲(うろこ雲)、鯖雲(さば雲)などという。

 その様子が、鰯の群れにも、魚のうろこのようにも、鯖の体の斑紋にも見えるため、そんな風に呼ばれる。

 気象用語では巻積雲と呼ぶ。


● 季語随想

 気持ちのすぐれないときは、河原の土手に寝転んで、鰯雲でも眺めよう。

 遠い大陸に暮らすある遊牧民は、旅の途で気の合う人と出会ったら、しばらくテントを並べて一緒に暮らすという。

 そして、しばらく一緒に暮らすうちに、なんとなくストレスがたまってきたら、衝突が起きる前に、どちらともなく、別の場所へと旅立っていくという。

 日本やアメリカで立派とされる生き方が、すべての文化で立派であるとは限らない。

 たまには、世間様のことなど気にも止めず、のんびり鰯雲でも眺めよう。

  答案の紙飛行機や鰯雲 (凡茶)


● 季語の意味・季語の解説

 秋の空一面に広がる鰯雲は、見上げていると広々とした気分になります。

  鰯雲個々一切事地上にあり (中村草田男)

 広大な空間を目一杯使った俳句を作ってみましょう。

  やまびこをつれていく尾根いわし雲 (飯田蛇笏)

  飛行雲時経て鱗雲と化す (山口誓子)

  半天の紺半天のいわし雲 (相馬遷子)

 地上の小さな存在と対比させることで、鰯雲の広がる天空の大きさを強調するのも良いと思います。

  椅子にゐて王者のこころ鰯雲 (石原舟月)

  竹とんぼ競ふ双子や鱗雲 (凡茶)

 逆に、鰯雲と対比させることによって、人間という存在の小ささを強調するのも面白いと思います。

  鰯雲人に告ぐべきことならず (加藤楸邨)

  いわし雲人はどこでも土平す (西東三鬼)
      平す=「ならす」と読む。

  鰯雲胸そらしてもうすき身ぞ (木村蕪城)

  使ふあてなきマッチの火鰯雲 (凡茶)

 鰯雲は背後の空の青さがうかがえるほど薄い雲であるため、寂しさのある俳句を詠むのに適した季語であると言えます。


≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500WE



 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:08 | Comment(1) | 秋の季語(天文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、俳句歴5年ほどのおばさんです。ネットで季語辞典などもお気に入りに入れていますが、凡茶さんのブログをたまたま見つけて読ませて頂きました。季語についての作句のポイントを読みまして大変勉強になり、とてもよいコメントであり、気づかされること大で助かりました。もつといっぱい教えてください。楽しみにしています。
Posted by てるりんこ at 2012年08月24日 15:40