余寒 (春の季語:時候)

     残る寒さ

余寒
11春の季語・時候ー余寒(ウェブ).jpg
        デジカメ写真

● 季語の意味・季語の解説

 立春を過ぎても、なお残る寒さを余寒という。
 「春寒」「冴返る」なども暦の上で春になったあとの寒さのことを指しているが、特に「余寒」という季語は冬からのつながりを連想させ、寒々とした感じがする。


● 季語随想

 はじまりの時が、常に希望に彩られているとは限りません。
 はじまりの時は、「おそれ」や「ためらい」で胸がいっぱいになるものです。
 それが人間というものです。

 最近、私は、不安、躊躇、緊張などといった「陰の感情」を通り過ぎることなく、新しい何かに挑戦することは不可能であるとわかってきました。

 ですから、物事に挑む際には「陰の感情」を押し殺すのではなく、「陰の感情」を「春のはじまりの余寒」と捉え、受け入れことにしました。

 余寒のあとに必ず暖かい春がやってくるように、「おそれ」や「ためらい」といった卵は、必ず「希望」という雛を孵すものです。


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 「余寒」という季語は、やはり、どこか陰鬱なイメージを帯びています。
 待ちに待った春になっても、まだ厳しい寒さが残っていることに対して、ため息をつきたい。
 しかし、ため息をついても仕方がないから、黙って寒さを受け入れる…
 そんな陰鬱さです。

 以下の俳句にも、そんな陰鬱さが漂っています。
 ただし、その陰鬱さは、暑い時期のじめっとした陰鬱さとは異なります。
 寒い時期ならではの乾きを伴う陰鬱さです。

  情なふ蛤乾く余寒かな (炭太祇)
      蛤=はまぐり。

  底叩く音や余寒の炭俵 (黒柳召波)

  吊れば鳴る明珍火箸余寒なほ (飯田蛇笏)
      明珍火箸=みょうちん・ひばし。火箸は火鉢や囲炉裏に炭を足したりするための箸であるが、明珍火箸は、姫路の伝統工芸品。

 次の私の俳句も、余寒という季語の持つ陰鬱さを味付けに詠みました。
 ただし、陰鬱さと合わせて、胎動する春のエネルギーのようなものも表現したつもりです。

  不発弾吊られ余寒の土落とす (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

佳句が生まれる「俳句の形」 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆した本です!
■ 電子書籍(Kindle本)と製本版(紙の本)から選べます!


 

 
 上の商品リンクのうち、左が電子書籍(Kindle本)のものです。廉価な商品となっており、購入・ダウンロード後、ただちにお読みいただけるというメリットがあります。Kindle本については、下で説明します。

 上の商品リンクのうち、右が製本版(紙の本)のものです。「やっぱり本は、紙のページをめくりながら読みたいなあ…」という方のために用意させていただきました。
 オンデマンド (ペーパーバック)という、注文ごとに印刷・製本されるタイプの本です。

 いずれかをクリックすると、本著の詳しい内容紹介や目次を見られるAmazonのページが開くので、気軽に訪れてみて下さい。

 さて、俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の名句は、いずれも中七の後ろを「けり」で切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●凩(こがらし)の果(はて)はありけり海の音(言水)
  ●ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道(中村草田男)

 また、次の名句は、いずれも名詞で上五の後ろを切り、句末は活用語の終止形で結ぶ形をしています。 

  ●芋の露連山影を正しうす(飯田蛇笏)
  ●秋の暮大魚の骨を海が引く(西東三鬼)

 筆者(凡茶)も、名句の鑑賞を通じて、このような美しい俳句の形を使いこなせるようになることで、次のような自信作を詠むことができました。

  ●糸取りの祖母逝きにけり雪解雨(凡茶)
  ●露の玉工場ドスンと始まりぬ(凡茶)

 この本は、こうした佳句の生まれやすい美しい俳句の形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 なお、この本は、前著『書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版』(既に販売終了)を、書き込み型テキストから「純粋な読み物」に改め、気軽に楽しめる形に書き変えて上梓したものです。

 あちこち加筆・修正はしてあるものの、内容は重複する部分が多いので、すでに前著『書いて覚える俳句の形』をお持ちの方は、本著の新たな購入に際しては慎重に検討してください


●Kindle本について

 Kindle(キンドル)本とは、Amazonで購入できる電子書籍のことです。

 パソコン・スマホ・タブレットなどに無料でダウンロードできるKindleアプリを使って読むことができます。

 あるいは、紙のように読めて目に優しく、使い勝手も良い、Kindle専用の電子書籍リーダーで、快適に読むことも出来ます。

  

   




すらすら読める 奥の細道  立松和平著
==============================
■ 今まで読んだ『奥の細道』の現代語訳の中で最高でした!

 大きな字で書かれた原文のすぐ下に現代語訳があり、とても読みやすい本です。

 芭蕉の訪問地ごとに添えられた解説も、著者による興味深い見解が随所に述べられていて勉強になります。

 私はこの本を読んだ後、学生時代と教師時代を過ごした東北地方へ、改めて一人旅に出かけたくなりました。

 これから『奥の細道』を読んでみようと思っている方に、最もお薦めしたい一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 03:48 | Comment(0) | 春の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント