七草粥(七草がゆ) (新年の季語:行事)

     七種(ななくさ) 七種粥(ななくさがゆ) 七日粥 
     薺粥(なずながゆ)

55新年の季語・行事・七草粥【俳句】.jpg
        パソコン書道


季語の意味・季語の解説
==============================
 一月七日(人日)に、春の七草を入れた七草粥を食べると、万病に罹らなくなるという。
 俳句では七日粥という言い方もする。

 「芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)、これぞ七草」という物覚え歌がるが、これとは春の七草が異なる地域もある。
 なお、菘はカブ、蘿蔔とはダイコンのことである。

■ 下で、わが家の七草粥の作り方を紹介しています。(特集記事)


季語随想
==============================
 昔、日本では「若菜摘み」という行事が盛んに行われていた。
 七草粥(ななくさがゆ)に入れる春の七草を摘み取る行事だ。

 この若菜摘みは、私のようなおじさんの手では行われない。
 若菜摘みは、若い女性の手で行われるのがよしとされた。

 今は、この若菜摘みを行う家庭などほとんどない。
 当然のことだ。新暦を西洋から取り入れたため、新年が真冬にやってくるようになってしまったからだ。

 旧暦の時代、新年は立春の頃やってきた。まさに新年イコール新春であった。
 その頃になると、寒い北国は別として、日本の広い範囲で春の七草を摘み取ることができた。
 正月が厳冬にやってくる現代日本では、若菜摘みと七草粥の行事を併せ行うことはできない。

 思えば、新暦の導入は、多くの行事と季節を分断してしまった。
 現代日本では、桃の花が咲く旧暦三月(四月)ではなく、新暦三月に桃の節句が行われる。
 そして、星の美しい初秋ではなく、梅雨の真っただ中の新暦七月に、七夕(星祭)を行う地方が増えた。

 はたして、このまま旧暦を過去の物として葬り去ってもよいのだろうか?

 グローバル化が進む現在、世界共通の新暦を捨てて、日本だけ旧暦に戻せなどという鎖国的なことは言わない。

 ただ、新暦と旧暦を公的に併記し、五節句(旧暦1月7日の人日、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕、9月9日の菊の節句)のような季節と結び付いた行事は、旧暦で大々的に行えるようにしたらどうか。
 旧暦の節句当日を祝日にするなどして。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 春のはじまりに食べる七草は、人の心をうきうきさせます。
 昔、若い女性の手による「若菜摘み」で野より集められた七草ともなればなおさらです。

 ですから、七草・七草粥という季語を、別の事物と取り合わせると、春の始まりらしい、うきうきした句ができます。

 江戸時代の俳人、志太野坡(松尾芭蕉の弟子)と与謝蕪村の句を例示します。

  七草や粧ひしかけて切り刻み (野坡)
       粧ひ=けはひ。化粧のこと。

  七草やはかまの紐の片結び (蕪村)


 上の2句は「取り合わせ」の句ですが、次の私の句は、七草粥そのものだけを「一物仕立て」で読んでみました。
 うきうき感が上手に出せているでしょうか?

  おかはりのたび青の増す七日粥 (凡茶)


特集記事
==============================

凡茶風七草粥 (わが家のオリジナルレシピ)

 @ 「あご」または「鰹節」で取っただし汁に、薄口醤油で味付けをした「ツユ」を作っておく。
 A 次に「春の七草」をよく洗い、細かく刻む。

春の七草
55新年の季語・行事・春の七草(ウェブ).JPG
        デジカメ写真

 B Aの刻んだ七草を、@のツユに入れ、さっと炊く。決して煮すぎない。煮すぎると若菜の風味が飛ぶ。
 C 丼に飯を盛り、七草を入れたBのツユをひたひたにかける。飯を煮ないのが凡茶流。その方がさらっとしていて、七草の風味が飯に邪魔されない。

七草粥凡茶風
55新年の季語・行事・七草粥(ウェブ).JPG
        デジカメ写真

よろしかったら、参考にしてください。



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 01:54 | Comment(0) | 新年の季語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント