冬の月 (冬の季語:天文)

     冬三日月 寒月(かんげつ) 寒三日月
     月冴ゆ(つきさゆ) 月氷る

42冬の季語・天文ー冬の月【イラスト】.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 冬の月の光には、研いだ刃物のような鋭さがある。
 その、ぞくっとする美しさの前では、身じろぎすらできなくなるような気がする。

 寒月という表現もよく使われるが、これは寒の内の月に限らず、寒空にかかる月一般を指す。
 月冴ゆ、月氷るともなると、寒々しさが一層増す。

 秋の月との違いをあえて一言で表現するとするならば、秋の月が「さやけし」であるのに対し、冬の月には「すさまじ」という形容詞が最もよくあてはまる。


季語随想
==============================
 真冬の露天風呂。
 寒さのためか、他には誰もいない。

 私は湯に浸かり、氷のような月を一人占めしている。

 静かで贅沢な時間である。

 冬の月を見ていると、自然と心が過去に及ぶ。
 心が冷静に過去を咀嚼し始める。

 悔いの全ては、不安に抗う勇気を持てなかったことによって生み出される。

 悔いの全ては、不安に抗う気楽さを持てなかったことによって生み出される。

 冬の月を見ていると、気持ちが引き締まってくる。
 勇気に火が付き、気楽さが雑念を噛み砕き始める。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 冬の月を詠んだ俳句をいくつか見ていきましょう。

 まずは与謝蕪村の句。
 冬の月の、背筋の寒くなるような美しさが描かれています。

  静かなる樫の木原や冬の月 (蕪村)

 次は蕪村とも交流のあった三浦樗良(ちょら)の句。
 寒月の光りの持つ鋭さが詠まれています。

  寒の月川風岩をけづるかな (樗良)

 次は小林一茶の句。
 句全体の雰囲気を一言でいえば「すさまじ」です。

  寒月や喰ひつきさうな鬼瓦 (一茶)

 最後は私の俳句。
 いくつか作った冬の月の句の中で、最も気に入っている俳句を紹介します。

  谷底に猿の晩年月氷る (凡茶) 



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500GD


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:05 | Comment(0) | 冬の季語(天文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント