淡雪(あわゆき) (春の季語:天文)

     牡丹雪(ぼたんゆき) 綿雪

12春の季語・天文・淡雪【イラスト】.jpg
        デジカメ写真

● 季語の意味・季語の解説

 降ってもすぐに消えてしまう春の雪を淡雪と言う。

  あはゆきのつもるつもりや砂の上 (久保田万太郎)

 ふんわりと柔らかそうな形をして降るので、「綿雪」とも言う。

 また、空中で少し融け、結晶どうしが結びついて落ちてくるさまを、花弁の大きな牡丹にたとえ、「牡丹雪」と言う。

  夜の町は紺しぼりつつ牡丹雪 (桂信子)  


● 季語随想

 ふうわりと降る淡雪のようなやわらかい言葉で、
 こわばった私の心をほぐしてくれる人。

 手のひらに降りてすっと消えゆく淡雪のような、
 さりげない手助けで私の自尊心を守ってくれる人。

 人は自分に無いものをたくさん持った人に憧れると言いますが、
 私は淡雪のようなやさしさを持った人に強くひかれるようです。


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 降ってもすぐに融けてしまう淡雪には儚さを感じますが、この季語は同時に春らしい明るさも帯びています。

  淡雪や側から青き春日山 (大島蓼太)

  淡雪の降るも茶の湯の花香かな (川上不白)

  淡雪や葭簀がこひの小料理屋 (成田蒼虬)

 また、雪は雪ですから、実際に肌に触れるとひんやりと冷たいのですが、淡雪は何か心に暖かさを運んでくれるような、そんな印象も持っています。
 このようなイメージを大切に詠んだのが次の俳句です。

  しるこ屋へ淡雪の中待ち合はせ (凡茶)

 淡雪・牡丹雪を見ていると、人はしっとりとした心で、物思いに耽りたくなるものです。
 淡雪・牡丹雪には、涙のように心を静め、涙のように心に潤いを与える力があるようです。

  しづかにこころ満ちくるを待つ牡丹雪 (大野林火)

  淡雪や船を見送る宿の傘 (凡茶)

 また、淡雪・牡丹雪という季語の持つしっとりとしたイメージは、俳句にほどよい艶を与えてくれるようです。

  淡雪やかりそめにさす女傘 (日野草城)

  牡丹雪その夜の妻のにほふかな (石田波郷)

  牡丹雪ひととき鏡はなやぎぬ (桂信子)

  淡雪や窓の外見るレオタード (凡茶)

 せつなさ、しづかさ、おそれ… 淡雪・牡丹雪という季語は、他にいろいろな趣を俳句に与えてくれます。

  淡雪嘗めて貨車の仔牛の旅つづく (加藤楸邨)

  死ぬ人の歩いてゆくや牡丹雪 (藤田湘子)


≪おすすめ・俳句の本≫

新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:01 | Comment(0) | 春の季語(天文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント