雪間草 (春の季語:植物)

     ゆきまぐさ

雪間草
17春の季語・植物・雪間草【イラスト】.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 雪国でも仲春ともなると地面を覆っていた雪が融け始め、黒々とした土がのぞくようになる。
 これが「雪間」で、地理の類に属する春の季語である。
 この雪間に萌え出でた草を「雪間草」と言い、雪間の副題として扱う歳時記も多いが、私は植物の類に属する独立した季語として取り上げたいと思う。
 冷たい雪のすぐそばで、みずみずしい青さをたたえながら日の光を浴びている草を見つけると、ありきたりな表現ではあるが、生命の力強さを感じないではいられない。


季語随想
==============================
 幸せな恋愛をするためには、人目を引く「あでやかな花」になることが必要でしょうか?
 幸せな恋愛ができないのは、その人が「あでやかな花」ではないからでしょうか?

 このおじさんは、全くそうは思いません。

 幸せな恋愛をしたければ、「雪間草」の美しさを見出すことのできる人の存在に、あなたが気付くことです。
 そして、あなたが、雪の傍らで瑞々しく成長しようとする「雪間草」になることです。
 
 教員時代… こんなメッセージを生徒たちに伝えることができていただろうか?
 時折、そんなことを考えます。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 雪間草を春の訪れを告げる存在と捉え、喜びに満ち溢れた俳句を詠んでみましょう。

  郵便の自転車のベル雪間草 (凡茶)

 次に、雪間草という季語を使って、やがて来る本格的な春への憧れを表現してみましょう。

  鳶の笛聞く老鶏や雪間草 (凡茶)

 それから、雪間草の俳句を詠むことを通じて、生命を力強さ、美しさ、尊さを再確認しましょう。

  尾を立てて駆け来る仔犬雪間草 (凡茶)

  老い猫の息づかひ抱く雪間草 (凡茶)


≪おすすめ・俳句の本≫

新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 21:16 | Comment(0) | 春の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント