春の虹 (春の季語:天文)

     はるのにじ 初虹

ヴェネツィアで描いた春の虹
12春の季語・天文・春の虹.jpg
        絵画をスキャナーにて取り込み


● 季語の意味・季語の解説

 春の空に架かる虹を春の虹と言う。
 単に虹と言えば夏の季語であるが、春の虹は夏の虹よりも淡く、儚く消える。

  うすかりし春の虹なり消えにけり (五十嵐播水)

 春の虹のうち、その年に初めて見た虹を、特に初虹と言う。

  初虹や雨にぬれたる畑のもの (浅岡秋甫)


● 季語随想

 私は希望という言葉が好きですが、春の虹は希望の象徴であるように思えてなりません。

 ときに人は、希望を抱かなくなることで、日々の暮らしを楽にすることができます。

 しかし、やはり希望こそが、死ぬまで人が成長し続けていくための原動力になると私は考えます。

 思いがけず春の虹を見つけ、自分の体の中で涸れはじめていた希望を、少しずつ取り戻しているところです。

 春の虹を詠んだ拙句を二つ。

  物売りの子らの指差す春の虹 (凡茶)

  船頭のはにかみて指す春の虹 (凡茶)


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 春の思いがけない時期に虹を見つけると、重く沈んだ心は軽やかになり、せわしく落ち着かなかった心は安らかになります。
 春の虹を見つけた喜びを俳句に込めてみましょう。

  武蔵野の森より森へ春の虹 (鈴木花蓑)

  野の虹と春田の虹と空に合ふ (水原秋櫻子)

  春の虹牛はしめりし鼻をあぐ (上野燎)

 また、淡く滲んだ春の虹には、夏の虹にはないあでやかさがあるため、俳人は優艶な趣のある俳句を読みたくなります。
 私たちも積極的に作ってみましょう。

  春の虹うつれりくらき水の上 (柴田白葉女)

  吐息とどく近さに春の虹立てり (岸本マチ子)

  春の虹人悼むにも身を飾り (林十九楼)
      悼む=いたむ。

  倭の血引くヴェニスの売り子春の虹 (凡茶)

 ただ、やはり春の虹は儚く消えてしまうため、淋しい趣のある俳句も多いようです。

  ことばもて子に距てらる春の虹 (柴田白葉女)

  遺跡みな滅びの証し春の虹 (權守勝一)



≪おすすめ・俳句の本≫

書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆したダウンロードするテキストです!


DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜縦書き版〜】

DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜横書き版〜】

 俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の二句は、上五の名詞で一旦切り、座五の「けり」でも句末を切る形をしています。

  ●月天心貧しき町を通りけり  蕪村
  ●赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり  正岡子規

 次の二句は、形容詞の終止形で中七の後ろを切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●五月雨をあつめて早し最上川  芭蕉
  ●鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春  其角

 このテキストは、このような俳句の美しい形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 ダウンロードしたpdfファイルのお好きなページをプリンターで印刷し、そこに直接名句を書き込むことで、心に響きやすい俳句の形を身につけていただきたいと願っています。

 なお、本来俳句は縦書きで表記するものですが、パソコン画面上で読む機会が多くなる方のために、縦書き版のほかに、横書き版もご用意しました。
 上の画像・リンクから商品の紹介ページに進んでいただくと、目次や、本文の一部が確認できるような機能もついています。ぜひ中身をお確かめください。

 また、ダウンロード版と一緒に製本版も購入できますので、よろしかったら検討してみて下さい。

 ◎次のリンクは、本サイトにアップした紹介記事です。
   ダウンロード本『書いて覚える俳句の形』の紹介

  



新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ


posted by 凡茶 at 16:45 | Comment(0) | 春の季語(天文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント