桜貝 (春の季語:動物)

     紅貝 花貝

16春の季語・動物・桜貝.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 小指の先ほどの大きさしかない小さな二枚貝。
 貝殻を見ると、色も、形も、桜の花びらに似ているので、この名がある。
 
 その可憐な美しさから、古くから詩歌に詠まれてきた。
 貝細工の材としても愛されている。


季語随想
==============================
 学生時代、私は、あるひとの誕生日に、何か贈り物をしたいと考えました。
 ただ、当時の私には、そのひとのために、気の利いたものを買ってあげるお金などありません。
 そこで私は、自転車に乗って浜辺へ出かけ、最も美しいと思う桜貝を拾いました。
 そして、その桜貝を贈ることにしました。

 翌日、桜貝を受け取ると、その人は、私が思っていた以上に喜んでくれました。
 大きな眼が潤んでいたことを、今でも覚えています。

 ……あれから長い年月が過ぎました。

 私は今、海から遠く隔たった場所に暮らしています。
 ですが、旅の途中で砂浜を歩く機会などに恵まれると、当時の感情が鮮やかによみがえってきます。

  夕空に恵まれし旅桜貝 (凡茶)


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 桜貝の貝殻が砂浜に落ちているのを見かけると、かわいらしく、かつ、いじらしく思えてきます。
 そして、それを拾って持ち帰り、大切に思っている人に見せたくなることもあります。

 桜貝を見つけたときのそのような感情が、そのまま鑑賞する側に伝わるように俳句を作りたいものです。

 芭蕉の弟子の江左尚白の句と、私の俳句をご覧ください。

  酒を売る嫁に見せばや桜貝 (尚白)

  星砂に浅く刺さりし桜貝 (凡茶)

  桜貝納めて贈るオルゴール (凡茶)

 また、次の句は江戸時代のものですが、あえて大きく勇壮なものと対比することで、桜貝の可憐さを強調した佳句だと思います。

  鯨寄る磯も春なり桜貝 (成之)


≪おすすめ・俳句の本≫

新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 21:53 | Comment(0) | 春の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント