春愁 (春の季語:生活)

     春愁(しゅんしゅう) 春愁ひ(はるうれい)
     春愁ふ(はるうれう) 春かなし

14春の季語・生活・春愁.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 万物が明るく輝く駘蕩とした春、なぜか人々は心細くなったり、気持ちが沈んだりするものだ。
 そんな春のもの悲しさを春愁と言う。

 春愁は、悲しみ、憎しみ、失望のようなはっきりとした心の状態ではない。
 もの憂さ、もの寂しさなどの、漠然とした陰性感情である。


季語随想
==============================
 春は変化することを周囲に期待され、また、自分に期待する季節。
 新しい職場、新しい教室、新しい生活、新しい人間関係の中で、新しい自分になることを要求され、新しい自分になりたいと思う季節。

 春愁とは、新しい自分によって、心の深層から表層まで追われてきた、それまでの自分なのかもしれません。 


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 春愁を季語に俳句を詠むとき、愁いが生じた理由を説明するように詠む必要はないでしょう。
 もちろん、それを上手にしている俳句もたくさんありますが、私は、春愁の心に飛び込んできた景を、さりげなく句に生かすようにしています。

  白ワインほどの色ある春愁ひ (凡茶)

  春愁や上澄みに浮く脂肉 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

俳句の宇宙 長谷川櫂著
==============================
■ 俳句は深くて、面白いなあ… 心からそう思えた本でした!


 最も私の心をとらえたのは第四章「間について」
 この章を読み、俳句の「切れ」を「間」と捉え、その「間」をじっくり味わおうとするようになってから、既に目にしていた名句が、それまでとは違って見えてくるようになりました。

 また、第七章「宇宙について」も、面白くてあっという間に読んでしまいました。
 この章で、「造化」というものに関する著者の考え方を読んでから、芭蕉の時代の句に接する際は、その句が生み出される場としての「造化」というものを読み取ってみようと意識するようになりました。
 もちろん、私ごときが読み取ろうと思って読み取れるような浅いものではないのですが…

 とにかくこの本は、
 「自分が足を踏み入れた俳句の世界は、どこまでも深いんだなあ。そして、深みに潜れば潜るほど、新しい面白みに接することができるんだなあ… 」
 そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 05:27 | Comment(0) | 春の季語(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント