紫陽花(あじさい) (夏の季語:植物)

     あぢさゐ アジサイ 四葩(よひら) 四葩の花

紫陽花(アジサイ)
27夏の季語・植物・紫陽花(アジサイ).jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 紫陽花は、小さな花が群れ咲いて大きな毬(まり)の形をなす、梅雨の時期を代表する花。

 今鑑賞されている種類の多くは西洋で品種改良されたものであるが、その原産地は日本であり、シーボルトらが西洋に持ち帰ったものが元になっている。

 個々の花がもともと持っている成分や、土壌のpH(酸性度)やアルミニウムイオンの量によって、青、紫、赤、白、緑など様々に色を変化させるため、「七変化」とも呼ばれる。

 四枚の花弁を持つので四葩(よひら)とも呼ばれ、俳人にはこの語を用いる人も多い。
 ただし、花弁に見えている部分は生物学的には装飾化と呼ばれ、萼(がく)が変化したものである。


季語随想
==============================
 小さな花をいっぱい咲かせて、大きな毬を作り上げた紫陽花のように…

 小さな仕事をコツコツと積み重ねていけば…

 凡庸なこの私でも、大輪の薔薇に負けないような創造を実現することができるはず…

 今さらながら、そんなことを考える。

 紫陽花が色を変えるように、私も時代の流れに合わせて柔軟に自分を変えていきたい…

 紫陽花がかたつむりを葉に休ませるように、私も大らかにいろんな友を呼び寄せたい…

 この年になってそんなことを考える。

 梅雨時の重い体に鞭打ち、あぢさゐ寺を訪れて見て、ああよかったなあと思っている。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 松尾芭蕉以来、俳諧・俳句では、閑寂の美が積極的に詠まれてきました。
 紫陽花(アジサイ)は、まさにその「閑寂」が似合う花だと思います。

 江戸時代の加藤暁台と、私の句を参考にしてみてください。

  あぢさゐに喪屋の灯うつるなり (暁台)
      喪屋=もや。 灯=ともしび。

  紫陽花や小虫浮きたる供へ猪口 (凡茶)
      供へ=そなえ。 猪口=ちょこ。おちょこのこと。

 また、紫陽花は、漠として陰鬱な梅雨の景に、心を健やかにしてくれるような彩りを与えてくれます。
 江戸時代の成田蒼きゅうと私の句に登場する紫陽花は、それぞれどんな色が最も似合うでしょうか?
 読者の皆様の想像力にお任せします。

  あぢさゐや澄み切つてある淵の上 (蒼きゅう)

  あぢさゐや見覚えのある転入生 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫


書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆したダウンロードするテキストです!


DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜縦書き版〜】

DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜横書き版〜】

 俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の二句は、上五の名詞で一旦切り、座五の「けり」でも句末を切る形をしています。

  ●月天心貧しき町を通りけり  蕪村
  ●赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり  正岡子規

 次の二句は、形容詞の終止形で中七の後ろを切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●五月雨をあつめて早し最上川  芭蕉
  ●鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春  其角

 このテキストは、このような俳句の美しい形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 ダウンロードしたpdfファイルのお好きなページをプリンターで印刷し、そこに直接名句を書き込むことで、心に響きやすい俳句の形を身につけていただきたいと願っています。

 なお、本来俳句は縦書きで表記するものですが、パソコン画面上で読む機会が多くなる方のために、縦書き版のほかに、横書き版もご用意しました。
 上の画像・リンクから商品の紹介ページに進んでいただくと、目次や、本文の一部が確認できるような機能もついています。ぜひ中身をお確かめください。

 また、ダウンロード版と一緒に製本版も購入できますので、よろしかったら検討してみて下さい。

 ◎次のリンクは、本サイトにアップした紹介記事です。
   ダウンロード本『書いて覚える俳句の形』の紹介

  


俳句の宇宙 長谷川櫂著
==============================
■ 俳句は深くて、面白いなあ… 心からそう思えた本でした!


 最も私の心をとらえたのは第四章「間について」
 この章を読み、俳句の「切れ」を「間」と捉え、その「間」をじっくり味わおうとするようになってから、既に目にしていた名句が、それまでとは違って見えてくるようになりました。

 また、第七章「宇宙について」も、面白くてあっという間に読んでしまいました。
 この章で、「造化」というものに関する著者の考え方を読んでから、芭蕉の時代の句に接する際は、その句が生み出される場としての「造化」というものを読み取ってみようと意識するようになりました。
 もちろん、私ごときが読み取ろうと思って読み取れるような浅いものではないのですが…

 とにかくこの本は、
 「自分が足を踏み入れた俳句の世界は、どこまでも深いんだなあ。そして、深みに潜れば潜るほど、新しい面白みに接することができるんだなあ… 」
 そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 18:45 | Comment(0) | 夏の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント