蝸牛(かたつむり) (夏の季語:動物)

     カタツムリ かたつぶり まいまい
     でんでんむし ででむし

26夏の季語・動物-蝸牛(かたつむり).jpg     
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 蝸牛(カタツムリ)は陸上で暮らすようになった巻貝の仲間である。

 祖先が暮らしていた海を懐かしんでいるのか、万物が水に濡れる梅雨の季節になると、草や葉の上でゆったりと過ごしている。
 殻を背負ったヌルッとした体から、ニ対の触角を出したりひっこめたりする様子は、なんともユーモラスである。

 蝸牛には数百に及ぶ異称があるというが、俳句の季語としては、かたつぶり、まいまい、でんでんむし、ででむし等が好んで用いられる。

26夏の季語・動物・蝸牛(カタツムリ).jpg
蝸牛(カタツムリ)

季語随想
==============================
■ のんびり生きる勇気 ■

 のんびりとマイペースで生きるということは、これでなかなか勇気のいることだ。

 われわれ小心者は、「世間様の目」という本来取るに足らないものを、心の中で飼いならす能力に長けている。
 だから、己に負担のかからない、のんびりした生き方をしようとすると、なんだか罪悪感を抱いてしまう。

 われわれ小心者は偉大なる「でんでん虫」の勇気を見習おう!

 かつて巻貝だった「でんでん虫」は、果敢にも長らく過ごした海を飛びだして、陸上という未知なる世界で暮らし始めた。
 そして、あじさいの葉の上で、しっとり雨を浴び、ゆっくり穏やかに今を生きている。

 われわれ小心者は、偉大なる「でんでん虫」の…
 
 のんびり生きる人生へと果敢にも踏み出した、そんな勇気を見習おう!


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 江戸時代から、蝸牛(かたつむり)を季語に詠んだ俳句には、ユーモアたっぷりの句が多かったようです。

  かたつぶり角ふりわけよ須磨明石 (松尾芭蕉)
      角=つの。触角のこと。 須磨明石=すま・あかし。ともに兵庫県の地名で須磨が東、明石が西にある。

  ころころと笹こけ落ちし蝸牛 (杉山杉風)

  古壁やともに崩るるかたつぶり (岩田凉菟)

 杉風(さんぷう)も凉菟(りょうと)も蕉門(芭蕉のお弟子さん)ですが、これらの句には、侮蔑とも、愛情ともとれるような感情が込められているように思います。
 参考にしてください。

 私も、蝸牛という季語が好きで、いくつかお気に入りの俳句があります。

  ででむしや飛行機の腹近き町 (凡茶)

  音かろき印刷工場蝸牛 (凡茶)

  捨て壜の内を這ひたり蝸牛 (凡茶)
      壜=ビン。 這ふ=はう。

  べそかきへ歩み寄る傘かたつむり (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

俳句の宇宙 長谷川櫂著
==============================
■ 俳句は深くて、面白いなあ… 心からそう思えた本でした!


 最も私の心をとらえたのは第四章「間について」
 この章を読み、俳句の「切れ」を「間」と捉え、その「間」をじっくり味わおうとするようになってから、既に目にしていた名句が、それまでとは違って見えてくるようになりました。

 また、第七章「宇宙について」も、面白くてあっという間に読んでしまいました。
 この章で、「造化」というものに関する著者の考え方を読んでから、芭蕉の時代の句に接する際は、その句が生み出される場としての「造化」というものを読み取ってみようと意識するようになりました。
 もちろん、私ごときが読み取ろうと思って読み取れるような浅いものではないのですが…

 とにかくこの本は、
 「自分が足を踏み入れた俳句の世界は、どこまでも深いんだなあ。そして、深みに潜れば潜るほど、新しい面白みに接することができるんだなあ… 」
 そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:12 | Comment(0) | 夏の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント