秋団扇(あきうちわ) (秋の季語:生活)

     秋うちは(秋うちわ) 団扇置く 捨て団扇 忘れ団扇

秋団扇
34秋の季語・生活・秋団扇(秋うちわ).jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 秋になって使われなくなった団扇を秋団扇(あきうちわ)と呼ぶ。
 単に団扇(うちわ)とすれば夏の季語。

 古くから使われる季語に「秋扇(あきおうぎ)」があるが、これより、生活感が強い。

 団扇置く、捨て団扇、忘れ団扇などの副題も「あはれ」を感じさせる。


季語随想
==============================
 子供の頃、暑くて寝苦しい夜には、私たち兄弟が寝付くまで、父がよく団扇(うちわ)で扇いでくれた。

 父の団扇から送られてくる風は、やわらかくてとても気持ちよかった。
 父の団扇の風を浴びると、すぐに眠りにつくことができた。

 父が言葉で優しさを説くことなど一度もなかったが、団扇の風が私たち兄弟に優しさと言うものをしっかり学ばせてくれた。

 夏の猛暑の中で団扇を扇いでいても、父のことを思い出したりはしないのだが、秋になり、静かな気持ちで団扇を手にすると…

 父の団扇が送りだす優しい風がとても懐かしくなる。

  親父似の歌手も白髪に団扇置く (凡茶)


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 クーラーの普及したこの時代に、夏の季語として団扇(うちわ)に注目するということだけを見ても、俳人というのは特異な表現者です。

 ただ、それに飽き足らず、涼しくなってあまり見向きもされなくなった「秋」の団扇にも詩情を抱き、それを季語として積極的に詠んでいこうというのですから…

 俳句はなんとも懐の深い文芸です。

 秋団扇が俳人に詠ませようとするもの…
 それはやはり「 あはれ 」であると思われます。 

  やせぎすの猫の踏みゆく秋団扇 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 19:04 | Comment(0) | 秋の季語(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント