紅葉 (秋の季語:植物)

     紅葉(もみじ・こうよう) 黄葉(もみじ) もみぢ
     濃紅葉(こもみじ) もみいづる もみづる
     照葉(てりは) 照紅葉(てりもみじ) 

紅葉
37秋の季語・植物・紅葉.jpg
        デジカメ写真


● 季語の意味・季語の解説

 晩秋、野山を彩る紅葉(もみじ)は、雪月花、時鳥(ほととぎす)とともに五箇の景物と称され、和歌、文芸、芸術の中で重んじられてきた。
 紅葉は日本人の愛でる自然美の代表的なものである。

  障子しめて四方の紅葉を感じをり (星野立子)

 楓(かえで)など赤くなるものは“紅葉”、銀杏(いちょう)など黄色くなるものは“黄葉”と書き、ともに「もみじ」と読む。

 日照時間の長い夏、樹木の葉は光合成を行うためのクロロフィル(葉緑素)をたっぷり持っており、緑色に見える。
 しかし、秋も深まり日が短くなると、葉は光合成をやめるため、クロロフィルは分解されていく。
 すると、もともと葉の中にあった、カロテノイドと呼ばれる色素が目立ち始め、葉は黄色く色づく。
 これが「黄葉」である。

  黄葉はげし乏しき銭を費ひをり (石田波郷)

  黄葉描く子に象を描く子が並び (稲畑汀子)

 また、樹木の中には、自らが葉に蓄えた糖分を光と反応させて、アントシアニンと呼ばれる赤い色素を生み出すものも存在する。
 こうして作り出されるのが「紅葉」である。

  紅葉焚くことも心に本を読む (山口青邨)

  紅葉すと靴濡らすまで湖に寄る (山口誓子)

 特に深く色づいたものは、濃紅葉(こもみじ)と表現することもある。

  濃紅葉に涙せきくる如何にせん (高浜虚子)

 アントシアニンは、有毒な活性酸素を発生させる青い光をよく吸い取り、樹木を守ると考えられている。
 秋の葉が赤く見えるのは、アントシアニンが青系統の光を吸い取って、赤系統の光を外に反射させるからである。

 「もみいづる」「もみづる」といった動詞は、このように木々の葉が赤や黄に染まっていく様子を表現する言葉である。

 そして、赤や黄に染まった葉は、明るく輝いて見えるため、これを照葉(てりは)、照紅葉(てりもみじ)と言う。

 ところで、紅葉と言う季語は、夕紅葉、谿紅葉(たにもみじ)、紅葉川、紅葉山、紅葉寺、紅葉宿などのように、他の語とよく結びついて俳句に用いられる。
 上手な結びつきを思いつくと、心に残る佳句が生まれやすい。

  この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉 (三橋鷹女)

  紅葉寺重文百雪隠を遺す (安住敦)

  月までの提灯借るや紅葉宿 (高野素十)

 また、実際に色づく木々の名を冠して、桜紅葉、柿紅葉、漆紅葉(うるしもみじ)、柞紅葉(ははそもみじ)、櫨紅葉(はぜもみじ)、檀紅葉(まゆみもみじ)、葡萄紅葉、銀杏紅葉などと表現することも多い。

  柿紅葉マリア燈籠苔寂びぬ (水原秋櫻子)

 単に「紅葉」とした場合は、「楓(かえで)」を指す。
 「花」と言えば「桜」を指すのと同じである。


● 季語随想

 若い頃、大阪に暮らす弟に連れられ、箕面の紅葉を見に行ったことがある。
 箕面と言えば、紅葉と滝と猿であるが、私はそこで、これらに負けないくらいインパクトのある名物と出会った。

 それは、紅葉の天ぷらである。 

【大阪名物】もみじの天ぷら 香ばしいゴマ風味とサクサクの食感!≪通常便≫


 筋金入りの食道楽である私は、路傍の出店で、すぐにこの不思議な食べ物を買い、味わってみた。
 天ぷらとあるが、実際は紅葉を油で香ばしく揚げ、甘く味付けをしたお菓子であった。

 この、わくわくするようなお菓子を食べながら見て回った紅葉を今でも忘れない。
 あの時の紅葉は、実に「晴れやかな紅葉」であった。

 その数年後、私は、一人で山形県の山寺へ紅葉を見に出かけた。
 そこでも、私は、それまでに出会ったことのない、めずらしい味を見つけることが出来た。

 それは、さくらんぼの漬物である。 




 さくらんぼの名産地である山形らしい漬け物である。
 茶店で酒とともに味わったが、甘じょっぱくて、なんとも言えない旨さがあった。

 このさくらんぼの漬物を食べた後で見た山寺の紅葉は、「静かに心にしみてくる紅葉」となった。

 食道楽は食べ物の味で見る景色もだいぶ違ってくる。
 これからも色々な美味と出会っていきたいものだ。


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 何といっても、紅葉はその色で人の心を惹きつけます。
 絵画を描くようなつもりで、鮮やかな赤や、赤・黄・緑の彩りを俳句に表現してみましょう。

  もみぢ葉のおもてや谷の数千丈 (岡田千川)

  山口もべにをさしたる紅葉かな (杉木望一)

  たに水の藍染かへて紅葉かな (中川乙由)

  手浸せり紅葉散り敷く冷泉に (凡茶)

 また、紅葉の美しさは、人の心にしみてきて、胸のあたりを少し痛くします。
 つまり、紅葉は愛し(かなし)という感情を見る者に抱かせます。
 次の蕪村の二句からは、「愛し」がよく伝わってきます。

  ふた葉三葉ちりて日くるる紅葉かな (与謝蕪村)

  山暮れて紅葉の朱を奪ひけり (与謝蕪村)
      朱=あけ。赤色のこと。

 そして紅葉の美しさは、常に寂しさを帯びています。
 それは、紅葉がまもなく散って落葉となり、やがては朽ちていく定めを負っているからにほかなりません。
 寂しさを感じる紅葉の俳句を三つ紹介します。
 私は、一句目の蓼太の句が大好きです。

  掃く音も聞えてさびし夕紅葉 (大島蓼太)

  山彦の我れを呼ぶなり夕紅葉 (臼田亜浪)

  濃紅葉やいつもひとりで笛吹く子 (凡茶)
      濃紅葉=こもみじ。赤が濃くなった紅葉。


37秋の季語・植物-紅葉.jpg
        デジカメ写真



≪おすすめ歳時記(初心者向け)≫

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



≪おすすめ歳時記(初心者&上級者向け)≫

合本俳句歳時記 第四版
==============================
■ 春夏秋冬・新年… コンパクトな一冊に日本の四季が詰まっています!


 合本俳句歳時記は、持ち運びに便利なサイズで、値段も手頃なのに、春夏秋冬・新年、全ての季節の季語が掲載されています。

 大学の俳句会に参加するようになった私が、初めて買った歳時記も合本俳句歳時記でした。

 踏青(春の季語)、薄暑(夏の季語)などそれまで知らなかった言葉や、髪洗ふ(夏の季語)、木の葉髪(冬の季語)など意外な季語と出会うことができ、毎晩、夢中になってページをめくったことを覚えています。

 当時の私が買ったのは第二版でしたが、左の『合本俳句歳時記・第四版』は、季語の解説や掲載されている類語がさらに充実し、初心者にも上級者にもお薦めです。
 これから俳句に誘ってみようと思っているお友達へのプレゼントにも最適です。



≪おすすめ歳時記(上級者向け)≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:23 | Comment(0) | 秋の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント