行く秋 (秋の季語:時候)

     ゆく秋 逝く秋 秋行く 秋ゆく 秋逝く

行く秋
31秋の季語・時候・行く秋(イラスト).jpg
        スキャナーにて


季語の意味・季語の解説
==============================
 冬が迫り秋が滅びゆく様子、あるいはその時期を表わす季語。
 ほかの晩秋の季語、例えば、秋深し、秋寂ぶ、暮の秋などに比べ動的で、季節の移ろいをとりわけ強く感じさせる。

 晩春の季語「行く春」と同様に、過ぎゆく季節への惜別の情を抱かせるが、寂寥感は「行く秋」の方が強い。
 芭蕉は『おくのほそ道』の旅の終わりに、美濃の大垣で次の一句を詠んでいる。

  蛤のふたみにわかれゆく秋ぞ (松尾芭蕉)
      蛤=はまぐり。

 この句は、大垣の人々と別れ伊勢の二見浦(ふたみがうら)へ旅立つ際の「惜別の情」を、「ゆく秋」という季語に託して表現している。
 なかなか分かれたがらない蛤の「ふた(蓋)」と「み(身)」が分かたれるように、名残を惜しみながら人々と別れゆくという句意であるが、「蓋・身」と「二見」がかけられていて機知に富んだ作品である。

 ただ、この句を、「おくのほそ道」の旅を締め括るにふさわしい、味わい深い一句としているのは、「行く秋」という季語の持つ寂寥感であると私は思う。

31秋の季語・時候・行く秋(デジカメ).jpg
        デジカメ写真


季語随想
==============================
 先日、ルーズリーフを綴じた一冊のファイルを書棚に見つけました。
 そこには、学生時代に作った歌の歌詞が書かれており、歌詞にはギターのコードが添えてありました。
 ギターの得意な友人に刺激を受け、シンガーソングライター気取りで生意気に作った歌たちです。

 私は、無性にその歌たちを歌いたくなり、ギターを携えて、人けのない川原に向かいました。
 あの頃に戻った気持ちで、思い切り歌いました。

 怒り、疑問、迷い、友情、恋…
 歳をとって忘れかけていた感情が、歌詞の中にいっぱい詰まっています。

 とくに、「人の群れに飛び込んで傷つくか」「傷つきたくないから孤独を選ぶか」という葛藤を詞に託した歌が、たくさん作られていました。

 歌っているうちに、当たり前のように「傷つきたくないから孤独を選ぶ」ようになっていた私の中に、何か熱いものがカーッと湧き上がってきました。
 するとその瞬間から、私の周りの秋が轟々と音を立てて流れ去っていくのが、リアルに感じられるようになりました。

 心を引き裂こうとする猛烈な寂しさを振り払うようにいっそう激しくギターを鳴らし、喉をガラガラにして昔作った歌を歌い続けました。
 
  行く秋やギターのあとの爪のひび (凡茶)


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 行く秋と言う季語は、俳句を鑑賞する者に、過ぎゆく秋への惜別の情を抱かせます。
 そして滅びゆく秋の寂寥感を感じさせます。
 さらには、その年の秋に観た風景、感じた思いなどを走馬灯のように脳裏に蘇らせます。

 ですから、行く秋と言う季語は、目に映った何かさりげないものと取り合わせてやるだけで、しっかりと心に沁みる一句を成り立たせます。 

  行く秋や手をひろげたる栗のいが (松尾芭蕉)

  行く秋や抱けば身に添ふ膝がしら (炭太祇)

  火ちらちら秋も行くなり峰の堂 (加藤暁台)

  長き藻も秋行く筋や水の底 (黒柳召波)

  行く秋やどれもへの字の夜の山 (小林一茶)

  行く秋や書棚の隅の砂時計 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 06:52 | Comment(0) | 秋の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント