木守柿 (冬の季語:植物)

     木守柿(きもりがき・こもりがき)
     木守(きまもり)

木守柿
47冬の季語・植物・木守柿@.jpg
        デジカメ写真


● 季語の意味・季語の解説

 収穫を終えた柿の木に、ぽつんと一つだけ残された柿の実をよく見かける。
 これを木守柿、あるいは木守と言う。

  染の野は枯に朱をうつ木守柿 (森澄雄)

 今年もたくさんの実を与えてくれた木を労っているのか。
 それとも、来年の実りを祈念して、神に捧げているのか。
 あるいは、腹を空かせた鳥や旅人のために残してあるのか。

  朱鷺守るごとくに島の木守柿 (赤塚五行)
      朱鷺=とき。


● 季語随想

 たくさんの後悔が心の中の枝にぶら下がっている。
 柿の実をもぐように、その後悔を一つずつもいでいく。

 もいだ後悔は、忘却と言う籠に放り込んでいく。
 次々ともいでは放り込む。
 今日を生きるため、そして、明日へ進むために。

 もいで、もいで、もぎ続けたのち、一つだけ、どうしてももぎとれない後悔があることに気付く。
 もぎとって忘却の籠へ放ることの出来ない、強かな後悔があることに気付く。

 その後悔とじっくり向き合ってみる。
 すると、その後悔が、己をたくましくしてくれているということがわかってくる。

 同じ様な後悔を繰り返すまいという思いが、勇気、こだわり、粘り、そして希望の源になっていることがわかってくる。

 最後にもぎとれずに残ったこの後悔…
 それは、己という幹を、冬の寒風から守ってくれる、木守柿なのだ。


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 枝にポツンと残された木守柿には、やはり、寂しさ、侘しさがあります。

  木守柿母校の校歌聞こえけり (凡茶)

 熟れて、少し毒々しいまでの赤に染まった木守柿からは、すさまじさすら感じます。

  血になるまで夕陽離さぬ木守柿 (長谷川秋子)

 空が穏やかな時などは、木守柿の可憐さに気付き、心にしみるような愛しさを覚えます。

  本臥せていつも眼とあふ木守柿 (福田蓼汀)
      臥せて=ふせて。

  初恋の空思ひ出す木守柿 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆したダウンロードするテキストです!


DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜縦書き版〜】

DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜横書き版〜】

 俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の二句は、上五の名詞で一旦切り、座五の「けり」でも句末を切る形をしています。

  ●月天心貧しき町を通りけり  蕪村
  ●赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり  正岡子規

 次の二句は、形容詞の終止形で中七の後ろを切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●五月雨をあつめて早し最上川  芭蕉
  ●鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春  其角

 このテキストは、このような俳句の美しい形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 ダウンロードしたpdfファイルのお好きなページをプリンターで印刷し、そこに直接名句を書き込むことで、心に響きやすい俳句の形を身につけていただきたいと願っています。

 なお、本来俳句は縦書きで表記するものですが、パソコン画面上で読む機会が多くなる方のために、縦書き版のほかに、横書き版もご用意しました。
 上の画像・リンクから商品の紹介ページに進んでいただくと、目次や、本文の一部が確認できるような機能もついています。ぜひ中身をお確かめください。

 また、ダウンロード版と一緒に製本版も購入できますので、よろしかったら検討してみて下さい。

 ◎次のリンクは、本サイトにアップした紹介記事です。
   ダウンロード本『書いて覚える俳句の形』の紹介

  



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ




posted by 凡茶 at 13:08 | Comment(0) | 冬の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント