初春(はつはる) (新年の季語:時候)

     新春 迎春 明の春(あけのはる) 今朝の春
     花の春 千代の春 四方の春 老の春(おいのはる)

51新年の季語・時候・初春(松と富士).jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 寒い冬のさなかに訪れる新年を、初春(はつはる)・新春・迎春などと、「春」をつけて呼ぶのはなぜでしょうか。
 それは、明治5年まで用いられていた旧暦においては、立春の前後を年始としていたため、その習慣が残っているからです。

 具体的に説明しますと、旧暦においては、雨水(うすい:立春の約15日後。現在の2月19日頃)の直前の朔(さく:新月)の日を元日と定めていました。
 よって、昔の元日は、立春の約15日前から約15日後の間の、いずれかの日に訪れました。
 旧暦では、新しい年と新しい春が、まさに同時期に訪れていたのです。

 新年を寿ぐ(ことほぐ)意味で用いられる「春」の語は、他の様々な語と結びついて、和歌や俳句で用いられてきました。
 明の春(あけのはる)、今朝の春、花の春、千代の春、四方の春、老の春(おいのはる)あたりが代表的ですが、国の春、江戸の春、家の春、宿の春など、様々な用い方が出来ます。

 なお、「初春」を「はつはる」ではなく、「しょしゅん」と発音する場合は、新年の季語ではなく、立春からの約1か月間を指す春の季語となります。
 

季語随想
==============================
 年が改まり、去年と言う焼却炉が新設された。
 その焼却炉に、心の中のごみを次々と放り込んだ。

 「挑戦しよう!」と決意するたびに膨れ上がった「恐怖」というごみ…
 「休もうかな…」と思うたびに湧いて出てきた「罪悪感」というごみ…
 「もう許そう… もう折れよう…」って気持ちになるたびに、それを邪魔してきた「片意地」というごみ…

 そんなごみたちを去年という焼却炉で燃やしてしまったら、
 それまで暗く凍っていた空が、途端に緩んで明るく見えはじめた。

 実際は冬至から間もない厳冬期なのに、風景に春が宿った。
 

季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 初春(はつはる)・新春・迎春や、○○の春(今朝の春、花の春、千代の春…)などは、すべて新年を寿ぐ言葉です。
 ですから、これらを季語として用いてやると、ケの(日常的な、ありふれた)景を詠んでも、ハレの(非日常的な、おめでたい)俳句が出来上がります。

  古家に雑巾かけつ松の春 (馬場存義)

  ほのぼのと鴉くろむや窓の春 (志太野坡)
      鴉=からす。

  袖口に日の色うれし今朝の春 (三浦樗良)

  鐘一つ売れぬ日はなし江戸の春 (宝井其角)

  筆立てに耳かき挿さる今朝の春 (凡茶)

 また、どうせおめでたい俳句を詠むのなら、とことんめでたく、スケールの大きな一句も詠んでみたいものです。

  天秤や京江戸かけて千代の春 (松尾芭蕉)

 この句で芭蕉は、幾千代も続きそうな新春のめでたさの中で、栄華を極める当時の日本の二大都市、京と江戸を天秤(てんびん)にかけて楽しんでいます。

 最後に、目に映る景ではなく、心身で感じている新春を詠んだ句を見てみましょう。

  目を明て聞て居る也四方の春 (炭太祇)

  目出度さもちう位也おらが春 (小林一茶)
      目出度さ=めでたさ ちう位=中くらい      

 太祇は、布団の中で目を覚まし、周囲の淑気(めでたく、かつ厳かな新年独特の気配)を全身で感じているようです。

 一方、生涯にわたり家族がらみの不幸の絶えなかった一茶は、世間がめでたいと騒ぐ正月に、かえって心の中で増幅してしまった悲しみを、「めでたさも中くらい」と皮肉混じりに表現しています。



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500WE



 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 14:39 | Comment(0) | 新年の季語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント