鮪(まぐろ) (冬の季語:動物)

     黒鮪(くろまぐろ) 本鮪(ほんまぐろ) しび 南鮪(みなみまぐろ)
     目鉢鮪(めばちまぐろ) ばち 黄肌鮪(きはだまぐろ) 
     鰭長鮪(びんながまぐろ) とろ づけ マグロ

鮪の握り鮨(とろ)
46冬の季語・動物・鮪【とろ握り鮨】.jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 鮪は産卵期を迎える冬にたっぷりと脂を蓄え、とろの部分(腹肉)が旨くなる。
 そのため冬の季語に分類される。

 夏も赤身(背肉)はさっぱりとして旨いが、とろの部分は筋が多くなって味が落ちる。
 そのため、一昔前の頑固な寿司職人は、夏のとろは握らなかったという。

 無論、低温流通システムの発達した現在では、年間通して世界中から旬の鮪が届き、夏でもとろが楽しめる。

 鮪には様々な種類があるが、よく食されるものは5種類である。
 それを大きい順に並べると、黒鮪、南鮪、目鉢鮪、黄肌鮪、鰭長鮪となる。
 そしてこの大きさの順序は、値段の高さの順序でもある。

 最高級品の黒鮪は、本鮪、あるいは「しび」などと呼ばれる。
 とろの部分が多く、天然ものの高級品はなかなか庶民の口には入らない。

 南鮪はインドマグロとも呼ばれ、主に南半球の海に生息する。

 目鉢鮪は「ばち」とも言われ、漁獲量が多く比較的安価である。
 だが、味は決して悪くない。

 ところで、鮪の赤身は、「づけ」と呼ばれることが多い。
 これは、冷蔵庫や冷凍庫の発達してしなかった頃の鮨屋が、鮮度維持のために、赤身を「醤油づけ」にしてから握っていた名残である。

 また、鮪が下魚の扱いを受けていた江戸時代、傷みやすい“とろ”の部位は、当時の人々が脂の味に慣れていなかったこともあり、惜しげもなく捨てられていたという。
 実にもったいない話である。

鮪(まぐろ)
46冬の季語・動物・鮪【イラスト】.jpg
        パソコン絵画 


季語随想
==============================

■ 父が初めてとろを食べた夜

 近年、割と安い値段で、とろが食えるようになった。
 捕えた稚魚を養殖で太らせて、全身とろの鮪を生産するようになったためらしい。

 振り返ってみると、私が若い頃のとろはじつに高かった。
 庶民の間では、とろの味を知っている者の方が稀であった。

 「鮨屋には“とろ”という高いネタがあるらしい。“とろ”とはどんな魚か?」

 子供の頃、こんなつまらない質問をして、父を困らせた記憶がある。

 父は、「とろは鮪だけど、赤でなくて白い身をしているらしい」と答えてくれた。
 とろを食べたことのない父の精一杯の答えだった。

 いつだったか、白っぽい身をしたメカジキの握りが寿司の盛り込みに入っていたことがある。
 家族一同、「これが“とろ”なんじゃないか!?」と大喜びでメカジキの握りを食った。

 金持ちの人が見たら腹を抱えて笑うだろう光景だが、私たち家族はそれで幸せだった。

 私がはじめてとろの味を知ったのは高校生の時だ。
 どうしても本物のとろを食ってみたくなった私は、鮨屋で寄り合いがあるという母に頼みこみ、土産にとろの握りを買ってきてもらうことにした。

 母も、高いとは言ってもたかが握り鮨、値段を聞いて腰を抜かすこともなかろうと、私の頼みを聞き入れてくれた。

 実際、母は腰を抜かしたようだ。
 本当はもっとたくさんの握りを買って帰るはずだったのであろうが、たった2貫のとろだけを土産に持ち帰った。

 私と弟が1貫ずつ口に放り込んだ。
 「この世にこんな旨いものがあったのか!」
 あの時の感激は今でも忘れない。

 ただ、その日のことを思い出すと、少しだけ胸が痛む。

 それは、生まれて十数年しか経っていない私たちが、生まれてから50年、とろを一度も味わったことのない父を差し置いて、当たり前のように、2貫の握りを平らげてしまったことへの罪悪感だ。

 思えば父は、旨いものはいつでも子供に食べさせて、自分は安い酒をにこやかに飲んでいる、そんな人だった…

 そんな父が、初めてとろの味を知ったのは、私が大学時代を過ごしていた仙台を訪れたときだったのではないだろうか?

 滅多にない長旅で気が大きくなっていたのであろう。
 親子二人で寄った魚料理の店で、財布の中身を気にせずに父は酔っぱらっていた。
 あの夜の上機嫌な笑い顔を今でも忘れない。
 
 それからあまり長い時を経ずに父は他界したため、我々親子が外で酒を酌み交わしたのは、この夜ただ一度だけとなってしまった。

 今でも、鮪を肴に酒を呑むと、あの夜の父の顔、声、そして匂いを思い出す。

  面影の父も酔ひたりとろ鮪 (凡茶)  


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 鮪(まぐろ)を季語に詠んだ俳句の多くは、鮪の糶(せ)られる市場(いちば)の景を詠んだものです。

 大きな黒々とした鮪が並ぶ濡れた床、鮪の間を縫うように歩いて品定めする人たちの白い息、そして糶り(せり)の大声…

 市場の鮪を詠むときは、見たまま、感じたままを写生してやるだけで、上に述べたような光景が、生き生きと俳句の読者に伝わります。
 あまり手を加える必要はないでしょう。
 
  缶コーヒーポケットに挿し鮪糶る (凡茶)

  素手で食ふ刺身の凍みや鮪市 (凡茶)

 二句目は、私が小学生の頃に見学した魚市場を思い出して詠んだ俳句です。
 市場の方が、私たち子供のために急きょ刺身を拵えてくださり、箸無しで鮪を食べることになりました。
 なんだか、それがとても美味しかったことを覚えています。

 ところで、市場の鮪が多く詠まれる一方、食事の席の鮪を詠んだ名句は乏しいようです。
 市販の歳時記にもあまり載っていません。

 これからの俳人が積極的に詠んで、食卓俳句に活気を与えていく必要があるということでしょう。

  面影の父も酔ひたりとろ鮪 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太著
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 03:55 | Comment(0) | 冬の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント