夏近し (春の季語:時候)

     夏近む 近き夏 夏隣(なつどなり) 夏隣る(なつどなる)

11春の季語・時候・夏近し.jpg
        デジカメ写真


● 季語の意味・季語の解説

 夏近し・夏隣は、春の終わりに、夏の気配を感じながら用いる季語。
 もうそこまで来ている夏への期待感がこもる。

 同じ晩春の季語でも、「春惜しむ」が過ぎゆく春に思いを寄せているのとは対照的。


● 季語随想

 夏が近づいて来るのを感じると、心が弾んできませんか。
 少しわくわくしてきませんか。

 その時がチャンスかもしれません。

 前から挑戦したかったことに、思い切って着手してみるチャンスかもしれません。

 いざ始めてしまえば、自分でも信じられないくらい夢中になれるものです。

 うまくいくと、心の中で「待ち遠しくない明日」を生産し続ける毎日に、終止符を打てるかもしれません。
 明日が常に待ち遠しくなるかもしれません。

 「待ち遠しさ」で心を満たしていけば、「不幸せ」という錯覚が膨れ上がる余地を、心の中から消し去っていくことができます。


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 「もうすぐ夏だなあ…」
 そんな風に感じた刹那を、俳句に詠んでみましょう。

 日常生活の中で見つけたちょっとした変化や、ささやかな出来事などの描写に、夏近し・夏隣という季語を添えてみましょう。

  夏近になるや旅僧の白脚絆 (鈴木道彦)
      脚絆=きゃはん。裾(すそ)が邪魔にならないよう、脛に巻く布。

  夏近く入るや簾に草の色 (嘉十)
      簾=すだれ

  煮るものに大湖の蝦や夏近し (飯田蛇笏)
      大湖=たいこ。 蝦=えび。

  木の器溢るるサラダ夏隣 (凡茶)

  夏近し靴べらと空同じ色 (凡茶)

 あるいは、夏を迎え入れる直前の、清涼感・期待感に満ちた空間を俳句に詠んでみましょう。

  清滝に宿かる夏の隣りかな (大島蓼太)

  先生と並んでバナナ夏隣 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 11:12 | Comment(0) | 春の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント