雷 (夏の季語:天文)

     雷(かみなり) 雷(らい) いかづち(いかずち) はたた神
     神鳴(かみなり) 鳴神(なるかみ) 日雷(ひがみなり)
     雷鳴 雷光 落雷 迅雷(じんらい) 遠雷 軽雷  

22夏の季語・天文・雷.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 夏は空気がよく温まるので、上昇気流が発生しやすい。
 そのため、地上付近の水蒸気が上空に持ち上げられて冷やされ、氷の粒をたっぷり含んだ積乱雲(入道雲)となる。

 積乱雲の中の氷の粒は、互いにこすれ合ったり、ぶつかったりして、静電気を大量に発生させる。
 その静電気が、別の雲にたまった静電気、あるいは、大地にたまった静電気などと結びつく際に発生する光と音がである。

 このうち、雲の中の静電気と大地の静電気が結びつくタイプの雷は落雷と呼ばれ、家を焼いたり、人の命を奪うこともある。
 ゆえに、雷は、「地震・雷・火事・親父」とあるように、怖いものの象徴とされてきた。

 その一方で、雷は、虎縞の模様のふんどし履いて、背中の太鼓をゴロゴロ鳴らしながら人々のへそを奪っていく、どこかユーモラスな神としても描かれてきた。

 江戸時代の俳諧において雷は、神鳴(かみなり)、あるいは鳴神(なるかみ)の形で用いられることが多かったようである。

 これに対し、現代俳句では、雷を音読みで「らい」と読ませる句が極めて多くなっている。
 雷鳴の激しさと雷光の鋭さを表現するのに、音読みが適しているということもあるだろう。

近い場所でなる激しい雷を迅雷、遠くで鳴る雷を遠雷、ドシャーンとは鳴らず、ゴロゴロと鳴る程度の雷を軽雷と表現したりする。

 また、現代俳句においてもはたた神と言う雷の異称はよく用いられる。
 小さな雷と言うより、激しい雷という印象である。

 なお、日雷(ひがみなり)は晴天時の雷である。

 雷とよく似た発光現象の稲妻は秋の季語に分類される。


季語随想
==============================
 小学生の頃のことです。
 友達と外で遊んでいると、雷様が激しく太鼓を打ち鳴らし始めました。

 幼い時分は、「雷が鳴ったらへそを隠せ。さもないと、雷にへそを取られるぞ!」
 そんな風に教わっていましたから、へそを取られては困ると、近所の高校の敷地に必死の思いで逃げ込みました。

 私たちは、陶器か何かを焼く小屋に身を隠し、へそを押さえてじっと息を潜めました。
 そうしてしばらくいるうちに、全速力で走り疲れたためか、すかっり眠りこんでしまいました。
 
 随分時間が経ってから、小屋に入ってきた高校生のお兄さんに起こされ、慌てて退散したことを今でも鮮明に覚えています。

 この、子どもたちを恐れさせた「雷が鳴ったらへそを隠せ」の教えの由来には諸説あるようです。

 例えば、暑さで薄着になっている子どもにしっかりと服を着させ、お腹を冷やさないようにさせるために親が言ったという説。
 雷雲、すなわち前線に発達した積乱雲が夕立ちを降らせると、急に気温が低下しますからね。

 あるいは、外で雷に遭遇したらへそを隠すように腹ばいになり、少しでも低い体勢になった方が良いということを教えるためという説。
 雷は発生源に近い場所、すなわち高いところに落ちやすいですからね。

 いずれも、科学をかじった大人に「なるほど!」と思わせる合理的な説だと思います。

 私は科学が得意な方で、実際に大学も理学部に進学しました。
 そんな私がこれまでを振り返ってみて思うことは、頭の中に科学的知識が構築される過程とは、子どもの頃の「ふしぎ」の世界が、徐々に「なるほど!」の世界に塗り変わっていく過程であったということです。

 つまり、今私の頭の中にある、科学的諸法則によって解釈されている世界は、もともとは、虎縞のふんどしを巻いた雷が子どもたちからへそを奪っていくような、幻想的で、時に優しく、時に恐ろしい空想の世界だったということです。
 頭の中の科学的知識の体系とは、子どもの頃の空想世界が、少しずつ変化し、合理的で理性的なものへと成長した結果に他ならないのです。

 幼い頃の私は、眠りに就く前の布団の中で、親に童話やおとぎ話をたっぷり読み聞かされて育ちました。
 ですから、学校で科学と出会うまでに、「ふしぎ」の世界をたくさん持ち合わせていました。

 「ふしぎ」をいっぱい持っていたから、いっぱい「なるほど!」と思えることができ、いっぱい科学的知識を自分のものとすることができました。

 もし、「ふしぎ」の世界を持つ前に、さあ、「がんばって覚えなさい」と科学の世界をいきなり押しつけられても、「なるほど!」という体験はあまり出来なかったと思います。
 私が科学を好きになり、得意にすることが出来たのは、幼児期に空想の世界をたくさん体験しておくことが出来たからだと思っています。

 若いお父さん、お母さんは、科学教材を与える前に、ぜひ、童話、おとぎ話、昔話、民話などを小さな子どもにたっぷりと聞かせてやって下さい。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 遠くとも、雷が鳴りだすとやはり人は心細くなります。
 そんな不安感を俳句に詠んでみました。

  抜き去りしトラックに豚梅雨の雷 (凡茶)

  遠雷や病床の父髭を剃る (凡茶)

 近い雷ともなれば、恐ろしくて子どもや女性なら叫び声をあげてしまうこともありますが、周囲が青い光に照らされた一瞬は、凍るような美しさも感じます。

  雷光や湯船の外へ美少年 (凡茶)

 雷が去った直後の少し肌寒い空気の中で辺りを見渡すと、何やら不気味な静けさがそこにとどまっています。

  雷去りてもののゐさうな草の丈 (凡茶)
      ゐさうな=居そうな。

 ただ、雷が止んでしばらく時間が経ち、空が明るくなってくると、どこか吹っ切れたような清々しさを感じます。

  遠船や昨夜は雷雨を浴びし丘 (凡茶)
      遠船=とおふね。  昨夜=よべ。



≪おすすめ歳時記(初心者向け)≫

今はじめる人のための俳句歳時記 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!

 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



≪おすすめ歳時記(初心者&上級者向け)≫

合本俳句歳時記 第四版
==============================
■ 春夏秋冬・新年… コンパクトな一冊に日本の四季が詰まっています!


 合本俳句歳時記は、持ち運びに便利なサイズで、値段も手頃なのに、春夏秋冬・新年、全ての季節の季語が掲載されています。

 大学の俳句会に参加するようになった私が、初めて買った歳時記も合本俳句歳時記でした。

 踏青(春の季語)、薄暑(夏の季語)などそれまで知らなかった言葉や、髪洗ふ(夏の季語)、木の葉髪(冬の季語)など意外な季語と出会うことができ、毎晩、夢中になってページをめくったことを覚えています。

 当時の私が買ったのは第二版でしたが、左の『合本俳句歳時記・第四版』は、季語の解説や掲載されている類語がさらに充実し、初心者にも上級者にもお薦めです。
 これから俳句に誘ってみようと思っているお友達へのプレゼントにも最適です。



≪おすすめ歳時記(上級者向け)≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 17:51 | Comment(0) | 夏の季語(天文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント