水洟(みずばな) (冬の季語:生活)

     水つ洟(みずっぱな) はなみず(洟水・鼻水)

44冬の季語・生活・水洟【イラスト】.jpg
        パソコン絵画


● 季語の意味・季語の解説

 冬は冷たく乾燥した大気から鼻・呼吸器系を守るために鼻水の分泌量が増える。
 ゆえに、水洟(みずばな)が垂れやすくなる。

 子どもの水洟は愛らしい。
 だから次のような俳句が生まれる。

  帰る母子の水洟を跼み拭く (柴田白葉女)
      跼み=「かがみ」と読む。

 一方、大人の水洟は滑稽である。
 その滑稽なものを、季語として積極的に詠んできた俳句という文芸には、今さらながら良い意味での野太さを感じる。

 なお、昔はタンパク質が欠乏していたため、いわゆる「青っ洟」(あおっぱな)を垂らしている者も多かったが、最近は減ってきた。

  水洟の水色膝に落つ故郷 (永田耕衣)


● 季語ばなし

 星々を結びあわせ、夜空いっぱいに星座を描いた昔の人たちの創造力は、やっぱりすごい…

 そんなことを思いながら、私は冬の星空を眺めていた。
 すると、脇の方でズズズと洟(はな)をすする音がする。

 見ると、少年時代の私が、青っ洟を垂らしながら、じっと夜空を見つめていた。
 もう何十年も昔のいがぐり頭の私が、星々が賑やかに瞬く南の空を見上げ、なにか夢中になって考えている。

 「坊や、寒いのに、空など眺めて、いったい何をしているんだい?」
 私は彼に尋ねてみた。

 すると、少年時代の私はこう答えた。
 「今、星たちを結びなおして、新しい星座を作っているんだ。」

 青っ洟の私は、シリウス、リゲル、カペラと言った明るい星を、もとの星座からほどいて自由にし、好きなように結びなおしては、新しい星座を生み出していた。

 なんだか彼のことが、すごく羨ましく思えた。

 「楽しそうだね、坊や。」

 「うん! おじさんもやってみなよ。」

  自己流の星座を結ぶ水つ洟 (凡茶)


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 水洟(みずばな)という季語は、実際に厳寒の中に身を置いているかような臨場感を、俳句の読者に与えます。
 凍てつく寒さの中で人々の見せる様子が、生き生きと伝わってきます。 

  夜神楽や水洟拭ふ舞の袖 (高井几董)

  朝戸出や水洟はらふ片手網 (黄婦)
      朝戸出=あさとで。朝の外出のこと。

 また、「息白し」「悴む」など、寒さへの人体の反応を表わす他の季語と比べても、水洟は特に滑稽な味わいが強いので、読者をくすりと笑わせるような俳句を作ってみたくなります。

  水洟を貧乏神に見られけり (松本たかし)

  念力もぬけて水洟たらしけり (阿波野青畝)

  鼻長きキリスト吾は水洟かむ (山口誓子)

  自己流の星座を結ぶ水つ洟 (凡茶)

 ただ、この水洟という季語の面白い所は、コミカルな俳句を作るのに適していながら、どこか寂しさのある俳句も生まれやすい点にあると思います。

  水洟や鼻の先だけ暮れ残る (芥川龍之介)

  水洟や見舞うて帰る夕まぐれ (大野林火)

  水洟や我孫子の駅にたそがれて (石田波郷)

  水洟や波濤のほかは見るものなし (杉山岳陽)
      波濤=はとう。大きな波のこと。



≪おすすめ・俳句の本≫

佳句が生まれる「俳句の形」 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆した本です!
■ 電子書籍(Kindle本)と製本版(紙の本)から選べます!


 

 
 上の商品リンクのうち、左が電子書籍(Kindle本)のものです。廉価な商品となっており、購入・ダウンロード後、ただちにお読みいただけるというメリットがあります。Kindle本については、下で説明します。

 上の商品リンクのうち、右が製本版(紙の本)のものです。「やっぱり本は、紙のページをめくりながら読みたいなあ…」という方のために用意させていただきました。
 オンデマンド (ペーパーバック)という、注文ごとに印刷・製本されるタイプの本です。

 いずれかをクリックすると、本著の詳しい内容紹介や目次を見られるAmazonのページが開くので、気軽に訪れてみて下さい。

 さて、俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の名句は、いずれも中七の後ろを「けり」で切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●凩(こがらし)の果(はて)はありけり海の音(言水)
  ●ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道(中村草田男)

 また、次の名句は、いずれも名詞で上五の後ろを切り、句末は活用語の終止形で結ぶ形をしています。 

  ●芋の露連山影を正しうす(飯田蛇笏)
  ●秋の暮大魚の骨を海が引く(西東三鬼)

 筆者(凡茶)も、名句の鑑賞を通じて、このような美しい俳句の形を使いこなせるようになることで、次のような自信作を詠むことができました。

  ●糸取りの祖母逝きにけり雪解雨(凡茶)
  ●露の玉工場ドスンと始まりぬ(凡茶)

 この本は、こうした佳句の生まれやすい美しい俳句の形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 なお、この本は、前著『書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版』(既に販売終了)を、書き込み型テキストから「純粋な読み物」に改め、気軽に楽しめる形に書き変えて上梓したものです。

 あちこち加筆・修正はしてあるものの、内容は重複する部分が多いので、すでに前著『書いて覚える俳句の形』をお持ちの方は、本著の新たな購入に際しては慎重に検討してください


●Kindle本について

 Kindle(キンドル)本とは、Amazonで購入できる電子書籍のことです。

 パソコン・スマホ・タブレットなどに無料でダウンロードできるKindleアプリを使って読むことができます。

 あるいは、紙のように読めて目に優しく、使い勝手も良い、Kindle専用の電子書籍リーダーで、快適に読むことも出来ます。

  

   





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ


posted by 凡茶 at 19:17 | Comment(0) | 冬の季語(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。