葡萄(ぶどう) (秋の季語:植物)

     ぶだう ブドウ 黒葡萄
     葡萄棚 マスカット

37秋の季語・植物・葡萄(ぶどう・ブドウ).jpg
ナガノパープル(濃紫)とシャインマスカット(黄緑)。
ともに筆者の大好きなブドウ。
        デジカメ写真


● 季語の意味・季語の解説

 夏の暑さと乾きが厳しい地中海沿岸が原産地であり、イタリア、フランス、スペインなどの南ヨーロッパ諸国には、水はけの良い緩斜面を利用した広大な葡萄畑が見られる。

 地中海と気候の似ているチリのサンティアゴ、南アフリカのケープタウン、オーストラリアのパース・アデレードの周辺も有名な葡萄産地である。

 糖度が高いため醸(かも)しやすく、ワイン、バルサミコ酢の原料となる。
 ブランデーは、醸造酒であるワインから作った蒸留酒。
 日本酒(醸造酒)と米焼酎(蒸留酒)の関係に近い。

 主産地の南ヨーロッパでは、支柱に添って垂直に伸びた幹から直接、葡萄を収穫する。
 これに対し、湿気の多い日本では、湿った土との間(ま)を十分にとった葡萄棚を樹上に設けて蔓(つる)を絡ませ、そこから垂れ下がった葡萄を収穫する。

 よって、次のような俳句が出来上がる。

  葉洩日に碧玉透けし葡萄かな (杉田久女)

  葡萄樹下木椅子は葡萄守のもの (橋本美代子)

 いずれも日本の葡萄園の様子が目に浮かぶ優れた写生句。


● 自句自解

 かつて南ヨーロッパでは、良質のワインを醸すために、村の娘さんたちによる葡萄踏みが盛大に行われた。
 今も、儀式的にはなりつつあるが、その伝統が受け継がれている。

 次は、筆者が若い頃に詠んだ葡萄踏みの句。

  連山の生みし風浴び葡萄踏む

 自信作のつもりで句会に出したが、あまり高い評価は得られなかった。

 先輩に駄句となってしまった理由を尋ねると、「生む・浴びる・踏む」と動詞が三つも用いられており、韻文と言うより散文になっているとのことだった。

 「一句の中の動詞は一つまでがベスト。多くても二つまで」とその時教えられた。

 さて、低評価は受けたものの、この句どうにも捨てがたい。

 連山から吹き寄せる清々しい風、その風を上半身に浴びながら下半身で感じる葡萄の触感、そんなものを端的に表現できたらと思い、以降、何度も修正をくりかえしてきた。

 そうして最近になってようやく、次の形に至ることができた。

  葡萄踏み連山の風届きけり (凡茶)

 自著、佳句が生まれる「俳句の形」でも紹介している、上五の名詞で一旦切り、座五の「けり」でも句末を切る形を使いこなせるようになったことで、どうにかこの一句を得ることができた。

 着想から完成に至るまでに、おそらく20年以上かかった作品である。


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 葡萄の色は種類によって異なりますが、俳句で単に葡萄と用いられた場合、読者は濃紫・黒紫の葡萄を思い浮かべます。

 その濃紫・黒紫を強調するために、黒葡萄という表現を用いる俳人も多いようです。

 葡萄の艶のある黒光りを上手に表現できると、句会などで多くの票を集めるはずです。

  亀甲の粒ぎつしりと黒葡萄 (川端茅舎)

  悪霊がきてざわめきぬ黒葡萄 (小澤克己)

  漆黒の葡萄仏間に薫りをり (凡茶)

 葡萄は糖分が多いため、あまり急いで食べると体に障ります。房から一粒ずつもいで、秋の夜長を楽しみながらゆっくり味わうのが良い果物です。

 以下は、ゆっくりとした時の流れを感じさせる名句です。参考にして下さい。

  葡萄食ふ一語一語の如くにて (中村草田男)

  母の膝の葡萄をつまみ吾も食ふ (岸風三楼)


≪おすすめ・俳句の本≫

佳句が生まれる「俳句の形」 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆したKindle本(電子書籍)です!

 この本は、当サイトの筆者である凡茶が書いたKindle(キンドル)本です。Kindle本については、下で説明します。

 さて、俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の名句は、いずれも中七の後ろを「けり」で切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●凩(こがらし)の果(はて)はありけり海の音(言水)
  ●ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道(中村草田男)

 また、次の名句は、いずれも名詞で上五の後ろを切り、句末は活用語の終止形で結ぶ形をしています。 

  ●芋の露連山影を正しうす(飯田蛇笏)
  ●秋の暮大魚の骨を海が引く(西東三鬼)

 筆者(凡茶)も、名句の鑑賞を通じて、このような美しい俳句の形を使いこなせるようになることで、次のような自信作を詠むことができました。

  ●糸取りの祖母逝きにけり雪解雨(凡茶)
  ●露の玉工場ドスンと始まりぬ(凡茶)

 この本は、こうした佳句の生まれやすい美しい俳句の形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 左上の画像(Amazonへのリンク)をクリックすると、本著の詳しい内容紹介や目次を見られるページが開くので、気軽に訪れてみて下さい。

 なお、この本は、前著『書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版』(既に販売終了)を、書き込み型テキストから「純粋な読み物」に改め、気軽に楽しめる電子書籍の形に書き変えて上梓したものです。

 あちこち加筆・修正はしてあるものの、内容は重複する部分が多いので、すでに前著『書いて覚える俳句の形』をお持ちの方は、本著の新たな購入に際しては慎重に検討してください


●Kindle本について

 Kindle(キンドル)本とは、Amazonで購入できる電子書籍のことです。

 パソコン・スマホ・タブレットなどに無料でダウンロードできるKindleアプリを使って読むことができます。

 あるいは、紙のように読めて目に優しく、使い勝手も良い、Kindle専用の電子書籍リーダーで、快適に読むことも出来ます。

  

   




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ




posted by 凡茶 at 17:45 | Comment(0) | 秋の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント