西瓜(すいか) (秋の季語:植物)

     すいくわ スイカ

西瓜(すいか)
37秋の季語・植物・西瓜(すいか).jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 西瓜(すいか)は、暑い時期に出回り、体の渇きをいやしてくれる。
 そのため、一般には夏の季語と考えられがちである。

 しかし、最も甘くなる旬は立秋(8月7日頃)を過ぎたお盆の頃であるため、秋の季語とされる。

 西瓜の原産地は、アフリカ中南部の乾燥帯から明瞭な乾季のあるサバナにかけてである。
 その厳しい乾燥に耐えるために、たっぷりと実に水分と糖分を蓄えるようになったのであろう。

 西瓜はアフリカから西アジアを経て、中国の西方にある中央アジアに伝わり、そこから中国へ伝わった。
 そのため、「西」の「瓜」と表記される。

 日本へは中国から室町時代以降に伝来した(詳しい時期は定かではない)。


季語随想
==============================
 西瓜(すいか)の種を食べると盲腸になる…

 そう聞かされて育ったが、どうもこれは間違いらしい。
 実際、中国では、西瓜の種を炒って、ポリポリと食べているとのことだ。

 また、西瓜の赤い部分を食べた後、残った皮は当たり前のように捨ててきた。
 しかし、西瓜の皮は漬物にするととても美味しいらしい。

 実際、日本のいくつかの地域で、残った皮を漬物として再利用しているようだ。

 素晴らしい食文化、食習慣だと思う。

 私も、インターネットでレシピを調べ、そのうち、炒った種や、皮の漬物を食べてみたいと思う。

 ただ、自分以外の者に、再利用した西瓜の種や皮を勧めるのはやめておこうと思う。

 それは、西瓜の皮の漬物のことが話題に出た際、そこにいた若い人が、人が一度口にした西瓜の皮を食べるのは、たとえ漬物にした後でも抵抗があると、正直な気持ちを言ってくれたからだ。

 これを聞いた時、なんだか淋しい気もした。
 でも、その人の気持ちもよくわかる。

 まずは自分で食べた西瓜の種と皮を、自分で炒ったり、自分で漬けたりして楽しんでみたい。

 そうこうしているうちに、種や皮の加工品が、商品として普通のスーパーに出回るかもしれない。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 西瓜(すいか)の産地に行く機会を得たら、収穫前の西瓜畑をよく観察し、写生句を詠んでみましょう。
 
 発見したことをうまく俳句に表現できたら、旨そうな西瓜がゴロゴロと転がっている畑を、いきいきと読者に連想してもらえるでしょう。

 おまけに、西瓜畑の上に広がる、晩夏から初秋の良く晴れた爽やかな空も連想してもらえるでしょう。

  畠から西瓜くれたる庵主かな (炭太祇)

  西瓜ひとり野分を知らぬあしたかな (山口素堂)

  西瓜畑遠くに一つ割れゐたり (凡茶)

 西瓜はとても大きく、重たい青果ですから、買い求めたあとは、運ぶのにひと苦労します。
 そんな様子を上手に俳句で表現できれば、生活感のある佳句となります。

  こけさまにほうと抱ゆる西瓜かな (向井去来)

  華奢なる身西瓜に寄せて後部座席 (凡茶)
      華奢=きゃしゃ。ほっそりとして上品な様。

 西瓜は口の周りをべたべたに濡らして食べるものです。
 西瓜を食べる様子を詠んだ俳句は、鑑賞する側もそうゆう粗野な食べ方を連想しながら読みますから、作り手もそのことを自覚して作るべきでしょう。

  西瓜くふ奴の髭の流れけり (宝井其角)
      奴=やっこ。武家に仕える身分の低い者。  髭=ひげ。

  出女の口紅をしむ西瓜かな (各務支考)
      出女=宿屋の客引きをする女。

  見るたびに子役男へ西瓜食ふ (凡茶)

 最後に、微笑ましい俳句を一句。
 丸くて甘い西瓜は、ユーモアがよく似合います。

  板の間に子の這ひかかる西瓜かな (使帆)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 05:17 | Comment(0) | 秋の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


林檎(りんご) (秋の季語:植物)

     りんご 紅玉 ふじ

林檎(りんご)
37秋の季語・植物・りんご(林檎)【イラスト】.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 言わずと知れた赤くて甘い果実。
 切って食べたり、丸かじりにしたりするほか、ジュースや菓子の材料ともなる。
 青森や長野で生産量が多い。


季語随想
==============================
林檎(リンゴ)の見た目と甘さについて

 子供のころから、林檎は赤ければ赤いほど、甘いものなのだと思っていました。
 しかし、最近、林檎の赤さは、果皮が日焼けしたものであり、甘さとはあまり関係がないのだということを聞きました。
 と、いうより、赤く日焼けさせるために、果実の周囲の葉をむしり取ってしまった林檎よりも、葉をむしらずにたっぷり栄養を与えてやった、ところどころ黄色い林檎の方が、むしろ甘いものだと教わりました。

 林檎の甘さは、鮮やかな赤ではなく、赤の下地にある色で見極めた方がよいというのです。
 つまり、赤の下地がまだ緑がかったものは未熟で酸っぱく、黄色くなったものは、よく熟れて甘いのだそうです。

 私は、このことを知った分だけ、ちょっぴり人生を豊かにすることができました。

 「知る」ということは本当に素晴らしいことであり、「知らぬ」ということは、ずいぶん、損なことだとつくづく思います。

 これからも、「知る」ということには、貪欲であり続けたいと思います。

「知りたい」と思う心がある限り青春です!


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 林檎はとてもなじみ深い果物ですが、俳句の季語としては扱いづらい曲(くせ)者です。

 林檎はたくさんの顔を持っています。
 時には愛らしい赤い実であり、
 時には硬くて大ぶりな果物であり、
 時には寒い東北の田舎から都会へやってきた小娘であり、
 時にはどこか西洋の気品がある大人の女でもあります。

 あまりに多くの顔を持つだけに、「林檎」といったらこの俳句というような名句はまだ生まれてないように思います。

 ですから、あなたの詠んだ林檎の佳句が、日本のすべての林檎の句を代表する不朽の名句になる可能性もあります。

 とにかく多作を心がけ、いろいろな林檎の魅力を引き出してみましょう。


  夕映えへ林檎流るる最上川 (凡茶)

  酸き林檎かじりてチェスの一手得る (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

俳句で楽しく文語文法 山西雅子著
==============================
■ 文語文法を学ぶことと、俳句を鑑賞することが同時に楽しめます!

 文語文法(古語文法)の得意、不得意は、俳句の世界に足を踏み入れるか否かを決める際、結構、気持ちを左右するものです。

 私も理系学生でしたから、大学の俳句会に入る前、文法も知らずに俳句なんか始めても恥をかくかもしれないと、少し躊躇しました。

 左の本は、古今の俳句を例にとって、文語文法をやさしく丁寧に解説してくれる本です。私のような文語文法に自信のない俳人の、心強い味方です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 01:19 | Comment(0) | 秋の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする