蛙 (春の季語:動物)

     かはづ(かわず)  かへる(かえる)
     初蛙  遠蛙  夕蛙


16春の季語・動物・蛙.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 春になると田んぼに水が張られ、繁殖期を迎えた蛙(かわず・かえる)たちが、元気よく鳴きはじめる。
 そのため、 蛙は春の季語とされている。
 
 その年に初めて聞く蛙の声なら初蛙、遠くの方から聞こえてくる声なら遠蛙、夕方の声なら夕蛙などと表現する。

 なお、蛙のうちでも、青蛙(雨蛙)と河鹿(かじか)は夏の季語とされている。


季語随想
==============================
 真夜中によその家から音楽などが聞こえてくると、それがどんなに優れた楽曲であっても、耳に障って安眠が妨げられるものです。

 しかし、聞こえてくる音が蛙の大合唱ならば、人は心地よく眠りにつくことができます。
 なぜでしょう?

 それは、蛙の大合唱には、人が聞きとるべき「意味・メッセージ」が含まれていないからでしょう。

 人は、人工の音を聞くと、そこから意味を読み取ろうと、脳を働かせてしまいます。
 音楽、テレビ・ラジオの音、話し声はもちろん、赤ちゃんの泣き声や工事の音にも拾うべき意味があります。
 人は、人が作りだした音を聞くと、無意識に意味を拾い上げようと努力してしまい、眠れないのです。
 
 これに対し、蛙の大合唱のような、読み取るべき意味を含まない自然の音を耳にすると、人は頭の中を空っぽの状態に近づけていくことができます。
 つまり、リラックスできるのです。

 俳人は、一句の中に、読者に読みとらせたい「意味・メッセージ」を盛って作品を仕上げます。

 しかし、読者がその俳句を読んだとき、「人工の音」ではなく、「蛙の大合唱」に包まれているときのような、そんな後味を持つならば、それは佳句と呼べるのかもしれません。
 

季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 蛙はとても気持ちよさそうに鳴くので、聞いている私たちも心地よくなってきます。
 ですから、多くの俳人が蛙の声を愛でる俳句を詠んできました。
 その中から、江戸時代の俳人、高桑闌更の一句を紹介します。

  月の夜や石に登りて啼蛙 (闌更)
      啼=啼く(なく)。

 私にも、蛙の声を詠んだお気に入りの俳句があります。

  蛙田や背にまだ匂ふ競馬場 (凡茶)

 古来から、蛙は、その声を愛でるものとされてきました。
 これからも、その美意識のもと、蛙の声を詠んだ名句が次々と生み出されていくことでしょう。

 ところで、かの松尾芭蕉は、この伝統的な美意識を乗り越え、声以外の音で蛙の句を詠みました。

  古池や蛙飛こむ水のおと (芭蕉)

 何度読んでもすごい句です。
 私は、日本人が作った全ての俳句(発句)の中で、やっぱりこの句が最高傑作だと思います。
 この句がある限り、どんな蛙の句を詠んでも見劣りしてしまい、意気消沈してしまいそうですが、それでも、蛙の句を作り続けていきたいと思います。
 私の作った、「蛙の声の無い蛙の句」もご覧ください。

  四阿にままごとの跡蛙跳ぶ (凡茶)
      四阿=あずまや。公園などに建てられた、支柱と屋根だけからなる簡素な休憩用の建物。

 蛙の句には、もう一つ絶対忘れることのできない名句があります。
 小林一茶が、蛙に語りかけるように詠んだ次の一句です。

  痩蛙まけるな一茶是に有 (一茶)
      痩蛙=やせがえる。 是に有=これにあり。

 芭蕉の「古池や〜」が自然の真理を詠んだ句であるとしたら、一茶のこの句は、「人生観」を表現した句と言えるのではないでしょうか。
 こんな人間味のある句を詠めるようになりたいと思っています。
 
 さて、いくつか句を挙げてきましたが、上のどの句にも、蛙という小動物に対する愛しさが込められており、また、「あはれ」が詠まれていることを感じ取ってください。
 蛙を季語に俳句を詠む上での、参考になると思います。


≪おすすめ・俳句の本≫

新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:57 | Comment(2) | 春の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


桜貝 (春の季語:動物)

     紅貝 花貝

16春の季語・動物・桜貝.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 小指の先ほどの大きさしかない小さな二枚貝。
 貝殻を見ると、色も、形も、桜の花びらに似ているので、この名がある。
 
 その可憐な美しさから、古くから詩歌に詠まれてきた。
 貝細工の材としても愛されている。


季語随想
==============================
 学生時代、私は、あるひとの誕生日に、何か贈り物をしたいと考えました。
 ただ、当時の私には、そのひとのために、気の利いたものを買ってあげるお金などありません。
 そこで私は、自転車に乗って浜辺へ出かけ、最も美しいと思う桜貝を拾いました。
 そして、その桜貝を贈ることにしました。

 翌日、桜貝を受け取ると、その人は、私が思っていた以上に喜んでくれました。
 大きな眼が潤んでいたことを、今でも覚えています。

 ……あれから長い年月が過ぎました。

 私は今、海から遠く隔たった場所に暮らしています。
 ですが、旅の途中で砂浜を歩く機会などに恵まれると、当時の感情が鮮やかによみがえってきます。

  夕空に恵まれし旅桜貝 (凡茶)


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 桜貝の貝殻が砂浜に落ちているのを見かけると、かわいらしく、かつ、いじらしく思えてきます。
 そして、それを拾って持ち帰り、大切に思っている人に見せたくなることもあります。

 桜貝を見つけたときのそのような感情が、そのまま鑑賞する側に伝わるように俳句を作りたいものです。

 芭蕉の弟子の江左尚白の句と、私の俳句をご覧ください。

  酒を売る嫁に見せばや桜貝 (尚白)

  星砂に浅く刺さりし桜貝 (凡茶)

  桜貝納めて贈るオルゴール (凡茶)

 また、次の句は江戸時代のものですが、あえて大きく勇壮なものと対比することで、桜貝の可憐さを強調した佳句だと思います。

  鯨寄る磯も春なり桜貝 (成之)


≪おすすめ・俳句の本≫

新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 21:53 | Comment(0) | 春の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


引鴨(ひきがも) (春の季語:動物)

     鴨引く 鴨帰る 行く鴨 

16春の季語・動物・引鴨【俳句】.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 春になり、北方へ帰っていく鴨の群れのこと。
 鴨は越冬のために秋に日本にやってくるが、暖かくなると繁殖地の極東ロシア方面へ戻っていく。


季語随想
==============================
 引鴨を目にするたびに心配になります。
 来年も日本にやって来てくれるだろうかと。
 
 鴨たちは極東ロシアの冬の厳寒を逃れるために暖かいはずの日本へやってくるわけですが、なんだか今の日本はそんなに暖かい国ではないような気がするもので…
 
 今の日本人は、自分たちとは異質な存在であるとみなしたものに対し、暖く接することができなくなっているような気がしてなりません。
 なんだか日本はとっても寒い国になってしまったような気がしてなりません。

 そんな国に、わざわざ鴨たちは渡って来てくれるでしょうか…

 いや、これは私の考えすぎでありましょう。
 そもそも鴨たちの世界には国境などというものはないのですから。

 鴨たちは日本という国にやってくるわけではないのです。
 より過ごしやすい地球上の一地点から一地点へ、渡ってくるだけなのです。
 鴨たちにとって、我々は日本人ではなく、世界中に散らばっている人間の一部に過ぎないのです。 


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 鳥が繁殖地へ帰っていく姿を見ると、やはり淋しくなります。
 江戸時代に詠まれた次の句も、寂寥感で満たされています。

  引鴨や朝和つづく舟のみち (胡準)
      朝和=あさなぎ。

 ただ、鴨は身近な鳥であるためか、それとも、お腹が丸くて愛らしいためか、北へ帰る姿にも、どこかユーモラスな部分があります。
 雁、鶴、白鳥などが帰っていく姿に比べ、淋しさの中にも、少しだけ微笑ましさがあるように感じます。

  引鴨や大工の休む寺の屋根 (凡茶)
 

≪本の特集・古池と蛙≫




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 17:03 | Comment(0) | 春の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


猫の恋 (春の季語:動物)

     恋猫 恋の猫 浮かれ猫 猫交る(ねこさかる)
     孕み猫(はらみねこ) ねこのつま(猫の妻・猫の夫) 

16春の季語・動物・猫の恋【イラスト】.jpg
        絵画をスキャナーにて取り込み


季語の意味・季語の解説
==============================
 春は猫の発情期。
 つま恋の際には、人間の赤ん坊のような声で鳴きあう。
 雄が雌を奪い合って大喧嘩をすることもあり、時に飼い猫が野良猫との闘いに敗れて帰ってきたりすると、愛おしくもあり、情けなくもある。
 また、知らぬ間に雌の飼い猫が仔を孕んだりして、父親と思しき野良が憎たらしくなったりする。


季語随想
==============================
 人はなぜ猫を可愛がるのだろう?
 体の大きさ、丸い顔と胴体とのバランス、丸まった手などが人の赤ん坊によく似ていて、母性本能をくすぐるのかもしれない。
 また、餌などを与えるとすぐになつき、直接的に親しみを表現してくるあたりが、愛くるしいのかもしれない。

 そんな可愛い猫たちも、春の発情期には、見たくなかった野生の部分を、嫌というほど見せつけてくれる。

 わが家の雌猫も今はすっかり年をとって落ち着いたが、若い頃は、よく雄猫をおびき寄せては騒ぎを起こした。
 怪しげな声で鳴いて雄を誘い、屋根の上でドタバタと追い追われ、契り、時には袖にした雄を大声で追い返し…
 飼っている側としては、真夜中にそれをやられると、近所迷惑が気になってしかたがなかった。

 ところで、人間は、行き過ぎた嫉妬心や独占欲によって周囲を思いやる心を失い、本来は美しいはずの恋する日々を、人として台無しにしてしまうことがある。
 猫の恋はかなり直情的であるが、彼らにも嫉妬心や独占欲なるものが存在しているのだろうか?

 見たところ、猫にもささやかな嫉妬心や独占欲があるように思えるが、それは人間と暮らすうちに強まっていく性(さが)である気がしてならない。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 当の猫たちは真剣に求愛し、闘い、傷ついているのですが、人間として傍から見ていると、やはり猫の恋はユーモラスなものです。
 だから猫の恋を詠んだ俳句の多くは、どこかにユーモアを含んでいます。

  恋猫の手描き地図には無き路地へ (凡茶)

  鞠残し鏡の外へ恋の猫 (凡茶)

  恋猫のびつくり箱を倒しけり (凡茶)

 また、猫の恋は俳諧でも多く詠まれました。
 江戸時代の句を二句紹介します。

  うらやましおもひ切時猫の恋 (越智悦人)
      おもひ切時=思いきる時

  猫の恋初手から鳴いて哀なり (志太野坡)


≪本の特集・猫好き以外は読まないでね。≫




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 17:56 | Comment(0) | 春の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


公魚(わかさぎ) (春の季語:動物)

     桜魚 あまさぎ 雀魚 ちか

公魚(わかさぎ)
16春の季語・動物・公魚(わかさぎ).jpg
        フィルム写真をスキャナーにて取り込み


季語の意味・季語の解説
==============================
 公魚(わかさぎ)は、透き通るようなプラチナ色にほんのり桜色のさす、美しい淡水魚。
 体調は10cm前後である。
 
 湖などに生息し、一年中獲れるが、2月頃産卵のために流入河川を遡上するため、春の季語に分類される。
 
 湖面が結氷する厳冬期には、氷に穴を開けて釣り糸を垂らす「穴釣り」の対象となり、こちらは冬の季語に分類される。

 キュウリウオ科に属するということは、分類学上は鮎にとても近い魚ということになる。
 そのためか、淡水魚でありながら鮒や鯉のような泥臭さが無く、やわらかくてほくほくした身は、煮ても揚げても美味い。

 なお、「公魚」の字は、かつて霞ヶ浦のわかさぎが、公方(くぼう:将軍のこと)に献上されたことに由来するらしい。


季語随想
==============================
 私は生来の面倒くさがりやであるので、自分から積極的に釣りに出かけるようなことはしない。
 釣り具を揃え、餌を用意し、鑑札を買って、早朝に家を出るということが、なんとも億劫なのだ。

 しかし、友人に誘われ、導かれるままに釣りに出かけたことはしばしばある。
 自分で計画を立てず、一日の行動をまるまる人任せにするというのは、意外と楽しいものである。
 私はそういう旅や遊びが性に合っている。
 海釣りも、ヤマメ釣りも、蟹釣りも友人の導きで体験させてもらった。

 さて、そんな人任せの釣り体験の先駆けになったのが、中学生の頃、近くの湖で楽しんだ公魚(わかさぎ)釣りである。
 私は、縫い針の穴に糸を通したり、スケート靴の紐を結んだりすることすらできない不器用な子供であったから、案の定、他の子より、釣れる公魚の数は少なかった。
 皆が何十匹も公魚を釣る中、私は一日かけて数匹しか釣ることができなかったと記憶している。
 それだけに、たまに釣れたときの喜びは今でも忘れることができない。
 釣り糸の先で身をくねらせる姿が湖の放つ光を得て美しく、そしてあの小さな体が意外に重たかったことを覚えている。

  わかさぎや鉤にまばゆく且つ重く (凡茶)
      鉤=はり。釣り針のこと。
 
 振り返ると、このような体験の一つ一つが、今現在、さまざまな創作をする上で、ずいぶんと役にたっている。
 体験は創作の種であるとつくづく思う。

 かつての私のような、どちらかと言えば閉じこもりがちな少年少女は、そのような己の性分を自覚しつつも、「将来のためにいろんな体験をしておこうかな」と、胸の内でつぶやく癖だけはつけておいた方が良いかもしれない。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 公魚(わかさぎ)という季語については、俳句を作る人も、俳句を鑑賞する人も、白金(プラチナ)のように美しい、その柔らかそうな姿を思い浮かべる必要があります。
 季語随想にも載せた次の俳句は、一尾の公魚に焦点をしぼって詠んだものです。

  わかさぎや鉤にまばゆく且つ重く (凡茶)
      鉤=はり。釣り針のこと。

 次の俳句は、公魚の群れて泳ぐ姿を詠みました。

  湯めぐりへわかさぎのぼる川伝ひ (凡茶)

 参考にしてみてください。



≪おすすめ・俳句の本≫

すらすら読める 奥の細道  立松和平著
==============================
■ 今まで読んだ『奥の細道』の現代語訳の中で最高でした!

 大きな字で書かれた原文のすぐ下に現代語訳があり、とても読みやすい本です。

 芭蕉の訪問地ごとに添えられた解説も、著者による興味深い見解が随所に述べられていて勉強になります。

 私はこの本を読んだ後、学生時代と教師時代を過ごした東北地方へ、改めて一人旅に出かけたくなりました。

 これから『奥の細道』を読んでみようと思っている方に、最もお薦めしたい一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 22:09 | Comment(0) | 春の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする