春の季語<植物> 〜目次ページ〜

猫柳
17春の季語・植物・猫柳(ねこやなぎ)【イラスト】.jpg
        パソコン絵画

早春、柔らかそうな猫柳(ねこやなぎ)の銀色の芽を見つけると、ついつい触れたくなってしまう。いい大人になっても、そういう衝動だけは子供の頃のまま残っている。春の季語。


掲載季語(50音順)

<あ行の季語>
犬ふぐり


<か行の季語>
げんげ(紫雲英)
木の芽

<さ行の季語>


<た行の季語>
たんぽぽ
土筆(つくし)

<な行の季語>
菜の花
猫柳

<は行の季語>

蕗の薹(ふきのとう)

<や行の季語>

雪間草



≪本の特集・花と季節を楽しむ≫




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 21:01 | Comment(0) | 春の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


木の芽(このめ) (春の季語:植物)

     このめ きのめ 名木の芽(なのきのめ)
     木の芽時 木の芽月 木の芽道 木の芽山
     木の芽風 芽ぐむ 芽吹く(めぶく)
     芽吹き(めぶき) 芽吹山 木の芽張る
     柳の芽 芽柳
  
木の芽
17春の季語・植物・木の芽@.jpg
        デジカメ写真


● 季語の意味・季語の解説

 春になり、木々に萌え出る新芽のことを「木の芽」という。

 読み方であるが、一般の木々に萌え立つものを指す時は、このめと読むことが多い。

 一方、山椒の芽を指す場合は、きのめと読むことが多い。

 よって、山椒の芽を使った料理である「木の芽味噌」や「木の芽和え」は、「きのめみそ」「きのめあえ」と読むのが普通である。

 また、歳時記には名木の芽(なのきのめ)という副題が載っているが、これは樹種によって、楓の芽、額の芽、桐の芽、桑の芽、蔦の芽、朴の芽、林檎の芽などのように用いると言う意味である。

  額の芽の珠の如きがほぐれそむ (水原秋櫻子)
      額の芽=額紫陽花(がくあじさい)の芽。 珠=たま。

  山羊の仔を追ひかけ抱くや林檎の芽 (松本たかし)

 さて、木の芽が次々と吹く頃を木の芽時と言う。

  夜の色に暮れゆく海や木の芽時 (原石鼎)

 樹種によって芽吹く時期は異なるため、木の芽時は三春(初春・仲春・晩春)にわたるが、特に多くの木々が盛んに芽吹く陰暦二月を木の芽月と呼ぶ。

 木の芽という季語は、木の芽道木の芽山木の芽風のように、別の語と結びつけて用いることができる。
 いろいろな組合せを試してもらいたい。

  ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道 (中村草田男)

  抱合の神をかくして木の芽山 (森澄雄)
      抱合=はうごう(ほうごう)。抱き合うこと。

  窯の熱パンに残れり木の芽風 (凡茶)

 また、芽ぐむ芽吹く(めぶく)、芽吹き(めぶき)、木の芽張るの形で、この季語を用いることにも慣れてもらいたい。

  芽ぐむかと大きな幹を撫でめぐり (阿波野青畝)

  大木の芽ぶかんとするしづかなり (長谷川素逝)

  一旦は赤になる気で芽吹きをり (後藤比奈夫)

 なお、柳の芽芽柳)は、木の芽の中でも特に美しいとされ、いにしえより春の風物の代表格とされてきた。

  芽柳に焦都やはらぎそめむとす (阿波野青畝)

 次の写真は、湖畔の芽柳を撮影したものである。

17春の季語・植物・木の芽A.jpg
        デジカメ写真


● 季語随想

 高校教師の職を退いてから、受験生の答え合わせのために、大学入試の模範解答を書く仕事に携わるようになった。

 そのため、大学入試の季節にあたる2月から3月は、忙しさのため、ほとんど外出できなくなる。
 今年もそうだった。

 先日、模範解答の執筆から解放され、久しぶりに外を散歩すると、あたりの景色がすっかり変わってしまっていた。

 雪が解け、日の光が強まり、空が明るくなり、葉を落として裸になっていた木々がみな芽吹いていた。

 2か月前とはまるで別世界のようだ。

 あまりの気持ちよさに、年甲斐もなく、徒歩で1時間以上かけて、若者たちで溢れかえる街まで足を延ばしてみることにした。

 街に着くとパンの焼けるいい匂いがする。

 匂いの方を振り向くと、お洒落な服装の女の子たちがパン屋の前に行列を作っている。

 このおじさんも女の子たちの列に加わり、そのパンを買うことにした。

 やさしい女の子たちばかりで、この場違いな存在をニヤニヤ笑って見るようなことはしない。

 どの子も気にならないふりをして、自然におしゃべりをしてくれていた。

 さて、無事にパンを買った私は、木の芽をびっしりつけた街路樹の横の木製ベンチに腰かけた。

 かふりとパンをかじると、窯(かま)の熱がまだ残っていて、焼きたての香ばしい熱気が鼻腔をくすぐった。

 このおじさんの贅沢と言えば江戸前寿司だが、この焼きたての温かいパンが、それに負けないくらい贅沢な食べもののように思えた。

 パンを食べ終え、胃に温もりを感じ楽しんでいると、それまで感じなかった木の芽の匂いを鼻が嗅ぎ分けていることに気付いた。

 嗅覚が、風の中から、敏感に木の芽の放つ瑞々しい匂いを感じ取るようになっている。

 どうやら一時的に五感が若返ったようだ。

 たまには寿司屋のつけ台ではなく、若者の行き交う街路のベンチで贅沢な時間を過ごしてみるのも、アンチエイジングになるようだ。

 恥ずかしがらずに若者の中へ飛び込んでみると、意外な幸せを発見できることもあるようだ。 

  窯の熱パンに残れり木の芽風 (凡茶)

17春の季語・植物・木の芽B.jpg
        デジカメ写真

● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 木の芽という季語は、俳句を読む者に、冬から春へ季節が移ろう際の開放感を再体験させてくれる季語です。

 寒さでこわばっていた心がほぐれて弾力を取り戻し、ピョンピョンと弾みだすような感覚を、俳句で表現してみましょう。

  芽ぐみたる枝賑はしや影法師 (富安風生)

  みどり子のまばたくたびに木の芽増え (飯田龍太)

  榛芽吹き心は湧くにまかせたり (細見綾子)

  教へ子に逢引き見られ芽吹山 (凡茶)

 また、木の芽という季語は光との相性が良いようです。

 俳句の中に、上手に光を描いて見ましょう。

  あけぼのの白き雨ふる木の芽かな (日野草城)

  海照ると芽吹きたらずや雑木山 (篠田悌二郎)

  明るさに径うすれゆく芽吹山 (能村登四郎)

 最後に、次の二句を見て下さい。

  骨柴の刈られながらも木の芽かな (野沢凡兆)

  隠岐や今木の芽をかこむ怒涛かな (加藤楸邨)

 これらの名句からは、小さな木の芽の持つ、けなげで、強靭な生命力を感じ取ることができます。

 筆者も、このような「いのち」を感じる句を詠んでみたいものです。

17春の季語・植物・木の芽C.jpg
        デジカメ写真 



≪おすすめの本≫

にんげんだもの 相田みつを
==============================
■ 厳選された言葉の力に触れ、たちまち目頭が熱くなりました。


 20年以上前になると思いますが、書店でなにげなくこの本を手に取り、最初の数ページを読んでみた時の感動を今も忘れていません。
 たちまち心が震え、目頭が熱くなり、その場で感涙をこぼしそうになったので、あわててレジに向かったことを覚えています。

 この本は俳句の本ではなく、書の本ですが、掲載されている数々の作品は無駄のない厳選された言葉で読み手の心を打つ短詩であり、俳句を創る上で大いに参考になります。
 まだ、読んだことのない俳句作者には、ぜひとも読んでいただきたいと思います。

 近頃のインターネットには憎悪や侮蔑の感情から生み出された言葉が氾濫しており、それが若者たちの心にどのような影響を与えているのか、今後が心配でなりません。
 私は、憎しみや蔑みの言葉ばかりに触れ心の荒んでしまった若者たちに、命のこもった本物の言葉に接してもらいたいという思いからも、相田みつをさんの本を紹介することにしました。

 以下に、『にんげんだもの』以外の本、および、『にんげんだもの』も含んだ相田みつをさんの作品集も紹介しておきます。


一生感動 一生青春

雨の日には…

しあわせはいつも

じぶんの花を

相田みつを作品集







季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ

posted by 凡茶 at 05:39 | Comment(1) | 春の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


土筆(つくし) (春の季語:植物)

     つくしんぼ つくづくし ツクシ 筆の花 土筆野
     土筆摘み(つくしつみ) 土筆和(つくしあえ)

土筆(つくし)
17春の季語・植物・つくし.jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 土筆(つくし)は、杉菜(スギナ)が繁殖するための胞子を撒く、胞子茎と呼ばれるものだ。
 河川の土手、田の畔、野原などの日のあたる所に生える。

 子供向けの本で、土筆と杉菜の根っこが土の中で繋がっていると知り、実際に自分で土を掘ってそれを確かめられた時、とてもうれしかったことを覚えている。

 土から出たての先の硬いつくしは、湯がいてアクを取った後、おひたし、胡麻和え、からし和え、卵とじ等にして食べると美味しい。

 ただ、茎の節々についている袴(はかま:実は土筆の葉である)を、調理する前に1本1本取り除かなくてはならないので、ゆったりとした時間を楽しめない人へのお薦めの食材とはならない。

 硬かった先っぽがほころび、隙間のできた土筆は胞子を撒く。
 そして、役目を終えたとばかりにすぐに枯れ始める。

 そういう土筆は食材としての格は落ちるが、あはれを纏った句材となる。  

 土筆には、つくしんぼ、つくづくし、あるいはその形状から筆の花等の異称があるが、古句では「つくづくし」と詠まれることが多かった。

先っぽのほころびた土筆
17春の季語・植物・土筆.jpg
        デジカメ写真


季語随想
==============================
■ 杉菜のチンチン ■

 子どもたちにとって、土筆は春の野の人気者であった。
 土筆は子どもたちの心をひきつける、実にユーモラスな形をしている。

 ある日、土筆と杉菜が土地の中で繋がっていることを知った私が、おふざけで土筆を「杉菜のチンチン」と例えたことがあった。
 それ以来、近所の子どもたちはみな、土筆を「杉菜のチンチン」と呼ぶようになってしまった。

 土筆は、杉菜が子孫を増やすための胞子をばらまくための茎なので、ある意味この例えは当たっている。
 でも、土筆や杉菜にオスとメスの区別は無いのだが…
 
 さて、子どもたちが「杉菜のチンチン狩り」の冒険旅行に出かけたのは、仲間の一人(あるいは私だったかもしれない)が、土筆は食べることもできるという情報を、どこからか仕入れてきた時である。

 「杉菜のチンチンは食べられるのか…」
 「いったい、どんな味なのか?」

 好奇心いっぱいで、子どもたちは土筆の群生している場所を探して回った。
 そして横河川という小さな川の土手に、土筆のいっぱい生えている場所を見つけ、みんなどっさりと摘んで家に帰った。

 家では、土筆の節についているはかまは食べられないということを教わって、弟、じいちゃん、ばあちゃんと一緒に、一本一本、丁寧にはかまを取り去った。

 はかまをを取り去ってすっきりした土筆は、母ちゃんによって卵とじにされた。
 恐る恐る口にした「杉菜のチンチン」は、なんだか優しい味だった。

 不思議なものだ。
 友達と土筆を探し回っている時の幸せな感覚…
 夢中で土筆を摘んでいるときの幸せな感覚…
 土筆の味をあれこれ想像しながらはかまを取っている時の幸せな感覚を…

 もうあれから何十年も経ったのに、私の心は、未だにそうした幸せの感覚をしっかりと記憶している。

 思えば、子どもの頃は、一円もお金をかけずに、いっぱい幸せの感覚を自分の中に呼び込むことができた。

 なんだか大人になってからは、お金をかけないと、なかなか幸せの感覚を味わえなくなってしまったような気がする。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 丸い頭の先で空をツンツンと突くようにして群れている土筆(つくし)の姿は、なんともユーモラスです。
 ですから、土筆を詠んだ俳句にも、ユーモラスな句が多いようです。

  田鼠の穴からぬつと土筆かな (小林一茶)

  アフリカの太鼓打ちたし土筆野へ (凡茶)

 また、私などは、土筆の愛らしさの奥に、ほんのちょっぴりエロスも感じます。

  戦前の恋話聞き土筆むく (凡茶)

  思ひ出し笑ひ止まらぬ土筆摘み (凡茶)

 ただ、胞子を放って先っぽがほころんでしまい、枯れかけている土筆には「あはれ」を感じます。

  つくづくしほうけては日の影ほそし (黒柳召波)

 さて、次の几董の句に登場する土筆は、先っぽの硬い若い土筆でしょうか。
 それとも、先っぽのほうけた古い土筆でしょうか。
 それによって、随分と句の印象が変わると思います。

 そんな読み手に味わい方を委ねるような曖昧さが、俳句の面白さと言えるのではないでしょうか。

  道の記に仮の栞やつくづくし (高井几董)
      栞=しおり。



≪おすすめ・俳句の本≫

俳句の宇宙 長谷川櫂著
==============================
■ 俳句は深くて、面白いなあ… 心からそう思えた本でした!


 最も私の心をとらえたのは第四章「間について」
 この章を読み、俳句の「切れ」を「間」と捉え、その「間」をじっくり味わおうとするようになってから、既に目にしていた名句が、それまでとは違って見えてくるようになりました。

 また、第七章「宇宙について」も、面白くてあっという間に読んでしまいました。
 この章で、「造化」というものに関する著者の考え方を読んでから、芭蕉の時代の句に接する際は、その句が生み出される場としての「造化」というものを読み取ってみようと意識するようになりました。
 もちろん、私ごときが読み取ろうと思って読み取れるような浅いものではないのですが…

 とにかくこの本は、
 「自分が足を踏み入れた俳句の世界は、どこまでも深いんだなあ。そして、深みに潜れば潜るほど、新しい面白みに接することができるんだなあ… 」
 そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 18:57 | Comment(0) | 春の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


菜の花 (春の季語:植物)

     花菜 油菜 菜の花畑

菜の花
17春の季語・植物・菜の花.jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 油菜(あぶらな)、蕪菜(かぶらな)、芥子菜(からしな)、高菜など、アブラナ科の葉菜が咲かせる花のこと。
 アブラナ科の菜は、実から菜種油を採り、葉を漬物などへ加工するために栽培されるが、収穫を前に咲きそろう黄色い花は、見る者の心を癒し、気持ちよくさせてくれる。
 近年は観光農園などで鑑賞用に栽培されることも多い。


季語ばなし
==============================
 休むことに罪悪感を感じながら生きてきました。

 休む暇があったら、もっと自分を高める努力をしなくては…
 そんな青年時代でした。

 自らの責任を全うするためには、休んでいる暇などない…
 大人になってからは、そんな日々が続きました。

 慌ただしく何かしていると、自分を許すことができる…
 そういう性分でした。

 最近、私は休むことの大切さを知りました。
 正々堂々と休む時間を作れる人こそ、人生の達人なのだと思えるようになりました。

 今、私は、友と菜の花畑に来ています。
 小一時間、ほとんど会話もせずに、菜の花畑の小径(こみち)を散策しています。
 その友は、言葉を交わさなくとも、全く不安にならないでいられる古い友です。
 
 菜の花畑は、まるで時間が止まっているかのように静かです。
 ときおり聞こえるのは、鎮守の森の塒(ねぐら)へと帰っていく、鴉(からす)の羽の音だけです。

  菜の花や鴉の羽音仰ぎ見る (凡茶)
      鴉=からす。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 菜の花の俳句と言えば、ほとんどの人が、与謝蕪村の詠んだ、次の名句を思い浮かべるでしょう。

  菜の花や月は東に日は西に (蕪村)
      
 東から西にかけての濃紺から赤へと変化する夕空のグラデーションと、黄色い菜の花畑の果てしない広がりとを詠んだ、実にスケールの大きな俳句です。
 菜の花を季語に俳句を詠む場合は、やはり、この句のような空間的広がりのある大らかな作品に仕上げたいものです。

 江戸時代の俳人の句をもう二句見てみましょう。
 どちらも菜の花畑の広々とした様が生き生きと伝わってくる名作です。

  菜の花の中に城あり郡山 (森川許六)

  菜の花のとつぱづれなり富士の山 (小林一茶)

 私も、広々とした菜の花畑で俳句をひねり、その俳句を口ずさんでは、広々とした気持ちを再体験しています。

  菜の花やしばし風聞く往診医 (凡茶)

  菜の花や赤色巨星明け残る (凡茶)


≪おすすめ・俳句の本≫

・語りかける季語 ゆるやかな日本
・ゆたかなる季語 こまやかな日本 宮坂静生著
==============================
■ 日本列島を隅々まで旅すると、たくさんの知らなかった季語に出会えます!

  
 日本各地には、一般的な歳時記にはあまり載っていない、その土地の貌を映し出す季節のことばがあります。
 筆者の宮坂さんは、そうした言葉を「地貌季語」と称し、その発掘に努めてきました。

 『語りかける季語 ゆるやかな日本』では、沖縄の「立ち雲」、雪国の「木の根明く」ほか、178の地貌季語が紹介されています。

 また、『ゆたかなる季語 こまやかな日本』では、千葉県安房地方の「逆さ寒」、沖縄県の「風車祝」、長野県諏訪地方の「明けの海」ほか、172の地貌季語が紹介されています。 

 この2冊を読めば、日本列島という空間と、季節と言う時間を一度に旅することができそうですね。季語の四次元ワールドを巡ってみましょう。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 19:36 | Comment(0) | 春の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


げんげ(紫雲英) (春の季語:植物)

     蓮華草 れんげ草 れんげ れんげ畑
     げんげん 五形花(げんげばな・げんげんばな)
     げんげ田

げんげ
17春の季語・植物・げんげ(紫雲英).jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 中国原産のマメ科の花。
 蓮(ハス)の花に似たピンクの可愛らしい花をつけるので、蓮華草(レンゲソウ)とも言う。

 秋の刈田にげんげの種を蒔いておいて、春に花が咲いてから鋤きこんでやると良い肥料になる。
 また、栄養価が高いため、刈り取れば家畜の飼料にもなる。
 ゆえに、かつての春の田んぼには、ピンクのげんげが一面に咲きそろい、それは美しい光景となったが、化学肥料が一般的となった現代においては、そうした光景を見ることも少なくなった。


季語随想
==============================
 よく晴れた青空の日に、げんげ田の中を散歩するのが気持ちいいことは言うまでもない。
 しかし、少し曇った日にげんげ田の中を歩くのも、なんだか心が穏やかになる気がして、捨てがたい。
 と、言うより、私個人は、げんげ田には青空より曇り空の方が、むしろ似合っているような気がする。
 なぜだろうか?

 それは、ピンクという色とグレーという色が、互いに相手の色の持つ優しさを引き立て合う、とても相性の良い色であるからかもしれない。
 つまり、げんげのピンクと曇り空のグレーは、そこにいる者の心を安らかにしてくれる最高の組み合わせなのだ。

 以前、フランスの画家マリー・ローランサンの絵を見たときも、同じような感覚をおぼえた。
 彼女の絵にはピンクとグレーがよく使われており、観ている私には、この二色の取り合わせが実に優しく心にしみてきた。

 私も、ピンクとグレーのある景を俳句に詠んで、優しさ、安らかさ、落ち着きなどを表現することに挑戦していきたい。

  げんげ野に馬の晩年薄曇る (凡茶)


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 私がげんげ(紫雲英)という季語で俳句を詠むときは、田や畑を埋め尽くすピンクの絨毯を連想させるような句になるよう、心がけています。
 つまり、空間的な広がりの表現を、とても大事に考えています。

  げんげ田に放ちて追へり竹とんぼ (凡茶)


≪おすすめ・俳句の本≫

新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 05:22 | Comment(0) | 春の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする