秋の季語<時候> 〜目次ページ〜


31秋の季語・時候・秋(ウェブ).jpg
        デジカメ写真

秋は木々が美しく色づき、米をはじめたくさんの農作物が収穫期を迎え、海からも山からも美味しいものが豊富に食卓に届くようになる。にもかかわらず、秋は最も寂しさを感じる季節である。秋とは、生命のエネルギーで満ち溢れる夏から冬という静かな時間への、移ろいの季節であるからだ。


掲載季語(50音順)

<さ行の季語>
残暑
新涼

<や行の季語>
行く秋



≪本の特集・初心者向け入門書≫




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 15:07 | Comment(0) | 秋の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


行く秋 (秋の季語:時候)

     ゆく秋 逝く秋 秋行く 秋ゆく 秋逝く

行く秋
31秋の季語・時候・行く秋(イラスト).jpg
        スキャナーにて


季語の意味・季語の解説
==============================
 冬が迫り秋が滅びゆく様子、あるいはその時期を表わす季語。
 ほかの晩秋の季語、例えば、秋深し、秋寂ぶ、暮の秋などに比べ動的で、季節の移ろいをとりわけ強く感じさせる。

 晩春の季語「行く春」と同様に、過ぎゆく季節への惜別の情を抱かせるが、寂寥感は「行く秋」の方が強い。
 芭蕉は『おくのほそ道』の旅の終わりに、美濃の大垣で次の一句を詠んでいる。

  蛤のふたみにわかれゆく秋ぞ (松尾芭蕉)
      蛤=はまぐり。

 この句は、大垣の人々と別れ伊勢の二見浦(ふたみがうら)へ旅立つ際の「惜別の情」を、「ゆく秋」という季語に託して表現している。
 なかなか分かれたがらない蛤の「ふた(蓋)」と「み(身)」が分かたれるように、名残を惜しみながら人々と別れゆくという句意であるが、「蓋・身」と「二見」がかけられていて機知に富んだ作品である。

 ただ、この句を、「おくのほそ道」の旅を締め括るにふさわしい、味わい深い一句としているのは、「行く秋」という季語の持つ寂寥感であると私は思う。

31秋の季語・時候・行く秋(デジカメ).jpg
        デジカメ写真


季語随想
==============================
 先日、ルーズリーフを綴じた一冊のファイルを書棚に見つけました。
 そこには、学生時代に作った歌の歌詞が書かれており、歌詞にはギターのコードが添えてありました。
 ギターの得意な友人に刺激を受け、シンガーソングライター気取りで生意気に作った歌たちです。

 私は、無性にその歌たちを歌いたくなり、ギターを携えて、人けのない川原に向かいました。
 あの頃に戻った気持ちで、思い切り歌いました。

 怒り、疑問、迷い、友情、恋…
 歳をとって忘れかけていた感情が、歌詞の中にいっぱい詰まっています。

 とくに、「人の群れに飛び込んで傷つくか」「傷つきたくないから孤独を選ぶか」という葛藤を詞に託した歌が、たくさん作られていました。

 歌っているうちに、当たり前のように「傷つきたくないから孤独を選ぶ」ようになっていた私の中に、何か熱いものがカーッと湧き上がってきました。
 するとその瞬間から、私の周りの秋が轟々と音を立てて流れ去っていくのが、リアルに感じられるようになりました。

 心を引き裂こうとする猛烈な寂しさを振り払うようにいっそう激しくギターを鳴らし、喉をガラガラにして昔作った歌を歌い続けました。
 
  行く秋やギターのあとの爪のひび (凡茶)


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 行く秋と言う季語は、俳句を鑑賞する者に、過ぎゆく秋への惜別の情を抱かせます。
 そして滅びゆく秋の寂寥感を感じさせます。
 さらには、その年の秋に観た風景、感じた思いなどを走馬灯のように脳裏に蘇らせます。

 ですから、行く秋と言う季語は、目に映った何かさりげないものと取り合わせてやるだけで、しっかりと心に沁みる一句を成り立たせます。 

  行く秋や手をひろげたる栗のいが (松尾芭蕉)

  行く秋や抱けば身に添ふ膝がしら (炭太祇)

  火ちらちら秋も行くなり峰の堂 (加藤暁台)

  長き藻も秋行く筋や水の底 (黒柳召波)

  行く秋やどれもへの字の夜の山 (小林一茶)

  行く秋や書棚の隅の砂時計 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 06:52 | Comment(0) | 秋の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


残暑 (秋の季語:時候)

     残る暑さ  秋暑し(あきあつし)
     秋暑(しゅうしょ)  餞暑(せんしょ)

残暑
31秋の季語・時候・残暑.jpg
日陰に集まってじっとしている鳩たち。
今年(2010年)の残暑は長く厳しいから、鳩たちも堪(こた)えているはずだ。
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 立秋(8月8日頃)を過ぎても、なお残る暑さのことを残暑と言う。

 多くの俳句歳時記が、残暑の副題に秋暑(しゅうしょ)を挙げているが、残暑という季語と秋暑という季語の持つ印象は、少し異なっている。

 残暑と聞くと、暦の上では秋になった地上に、べったりと貼りつくように居座っている「夏の暑さ」を連想する。

 一方、秋暑と聞くと、どこか弱さというか、儚さのようなものを帯びた、「秋らしい暑さ」を連想する。

 俳人である以上、これらの使い分けを楽しんでみたい。

 なお、餞暑という副題には、やがて衰えてしまう暑さを惜しむ気持ち、過ぎゆく夏を見送る気持ちがこもる。


季語随想
==============================
 梅雨明け後の真夏が好きである。

 ビールが旨くなる、西瓜が旨くなる、焼き肉が旨くなるということもあるのだが…

 何よりも、半そでのシャツ一枚で遠出できることがうれしい。
 その遠出の際に、ストーブやこたつの消火を確認せずに、気楽に家を出られることが、さらにうれしい。

 私にとって夏とは、身軽かつ気楽になれる季節なのだ。

 私にとって幸せとは、身軽かつ気楽な日々を送ることなのだ。

 だから、毎年私は残暑を歓迎している。
 立秋と同時に暑さが失せ、同時に夏があとかたもなく消え去ってしまうなんてことになったら、淋しいことこの上ない。

 私は、残暑の時期を、神のプレゼントだと思っている。
 立秋後も、もう少し身軽さと気軽さを楽しみたいと思っている私に対する、おまけの夏なのだと思っている。

 ………
 
 ただ、今年(2010年)は私の行いがよかったせいか、悪かったせいか、神の与えてくれた残暑がとにかく長い。
 長すぎる。

 毎日のように熱中症のニュースを聞かされると、もうそろそろ秋にしてくださっても良いですよと、神にお願いしたくなる。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 「残暑」という季語からは、秋になったにもかかわらず、べったりと貼りつくように居座る「夏の暑さ」を連想します。
 ゆえに、この季語を用いて俳句を作る場合は、「しぶとい暑さ」を感じさせるような一句にしたいと思います。

  牛部屋に蚊の声闇き残暑かな (松尾芭蕉)
      闇き=くらき。

  かまきりの虚空をにらむ残暑かな (立花北枝)

  城裏に床屋匂へる残暑かな (凡茶)

  網棚に味噌忘らるる残暑かな (凡茶)

 「秋暑(しゅうしょ)・秋暑し(あきあつし)」という副題は、暑さの中にある、秋らしいささやかな涼しさを感じさせる季語です。
 ですから、秋暑という季語を用いて俳句を作る場合は、夏の暑さにはない「弱さ」「儚さ」を一句の隠し味にしたいと思います。

  秋暑し水札鳴方の潮ひかり (加藤暁台)
      水札=けり。チドリ科の鳥。  鳴方の=鳴く方の。

  秋暑し午後の目覚まし鳴り止まぬ (凡茶)

 「餞暑(せんしょ)」という副題には、近いうちに弱まっていくであろう暑さを惜しむ心がこめられています。
 俳句歳時記を見ても、あまり例句は載っていませんが、我々が積極的に使って、頻用される季語へと育てていきましょう。 
 
  テーブルに紙縒散らかる餞暑かな (凡茶)
      紙縒=こより。紙などをよって作った紐(ひも)。



≪おすすめ商品≫

CASIO Ex-word 電子辞書
==============================
■ 俳句関連の充実した電子辞書です!


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

   
現代俳句歳時記
   ホトトギス俳句季題便覧
   合本俳句歳時記第三版

 俳人にとっては実にありがたいですね!

 また、この電子辞書には、歳時記の他にも、各種の辞典文学作品等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 04:12 | Comment(0) | 秋の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


新涼 (秋の季語:時候)

     涼新た(りょうあらた) 秋涼し 
     秋涼(しゅうりょう)

新涼
31秋の季語・時候・新涼(ウェブ).jpg
        デジカメ写真


● 季語の意味・季語の解説

 夏の季語「涼し」は、暑さの中で感じる夕暮れ時や水場などの貴重な涼しさである。

 これに対し、秋の季語「新涼」は、秋の訪れとともに、暑さが弱まっていくことで感じられるようになった確かな涼しさである。
 新涼という季語には秋らしいさらっとした爽やかさがある。

 なお、江戸時代の俳句には「新涼」の語を用いたものはほとんどなく、秋涼しの季語を用いたものが多いようだ。

  文台の扇ひらけば秋涼し (近藤呂丸)

  秋涼し雨の過行く雄上川 (三浦樗良)


● 季語随想

 「涼し」は、夏の暑さの中で得られる、夕方、夜、日陰、水辺などの貴重な涼しさです。
 ですからその涼しさの中では、動かずにじっと休んでいたくなります。

 これに対し、「新涼」は、季節が移ろうことでしっかりと感じられるようになった本格的な涼しさです。
 ですから、心地よい空気を満喫しながら、仕事、旅行、スポーツなどに精を出したくなります。

 私にとって夏の「涼し」は「憩いたくなる涼しさ」ですが、秋の「新涼」は「動き出したくなる涼しさ」なのです。

 ゆえに私は、新涼の季節には、必ず何か新しいことを始めるように心がけています。

 もう少し時間があれば、もう少し才能があれば、もう少し若さがあれば、もう少しお金があれば…と、様々な理由をつけて取り組んでこなかったことに、決して無理はしないけれど、少しずつ挑んでいくようにしています。

  パレットに恐竜の色涼新た (凡茶)


● 古今の俳句に学ぶ季語の活かし方

 夏の季語「涼し」は、前後にある真夏の暑い時間を強く感じさせます。
 日差し、汗、生き物の活発なうごめきなどを、涼しさと隣り合わせに感じます。

 これに対し、秋の季語「新涼」は、前後の時間と一続きになっている安定した涼しさを感じさせます。

 新涼という季語からは、汗臭さの無い、さらりと透明感のある大気を感じ取ることができます。

 秋の涼しさを俳句に詠むときは、そんな「さらりとした透明感」を生かすようにしたいものです。

  新涼の浪ひるがえり蜑が窓 (水原秋櫻子)
      蜑=あま。海で魚介類や海藻を採ることを生業とする人。

  新涼やさらりと乾く足の裏 (日野草城)

  新涼や白きてのひらあしのうら (川端茅舎)

  新涼の画を見る女画の女 (福田蓼汀)
      画=「え」と読む。

  新涼の水の浮かべしあひるかな (安住敦)

  新涼や尾にも塩ふる焼肴 (鈴木真砂女)

  新涼の伐るべき竹に印つけ (福田甲子雄)

 次の句は、上の季語随想にも載せた私の俳句ですが、「さらりとした透明感」が詠めているでしょうか?

  パレットに恐竜の色涼新た (凡茶)

 ところで、恐竜が実際にはどんな色をしていたかなんて、誰にもわからないんだそうです。


※追記(2010年1月30日)
 科学者らによって「恐竜の色」が解明されはじめたという記事を目にしました。
 謎だったことが、謎でなくなってくると、想像を楽しむ機会が減っていくようで、なんだか寂しい気もします。

 しかし、人類は、何か一つの謎を解き明かすと、また新たに謎を見つけては、その解明に突き進むようになります。

 今度は、どのような謎を恐竜は私たちに与えてくれるのでしょうか?



≪おすすめ商品≫


歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500WE



 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



俳句の宇宙 長谷川櫂著
==============================
■ 俳句は深くて、面白いなあ… 心からそう思えた本でした!


 最も私の心をとらえたのは第四章「間について」
 この章を読み、俳句の「切れ」を「間」と捉え、その「間」をじっくり味わおうとするようになってから、既に目にしていた名句が、それまでとは違って見えてくるようになりました。

 また、第七章「宇宙について」も、面白くてあっという間に読んでしまいました。
 この章で、「造化」というものに関する著者の考え方を読んでから、芭蕉の時代の句に接する際は、その句が生み出される場としての「造化」というものを読み取ってみようと意識するようになりました。
 もちろん、私ごときが読み取ろうと思って読み取れるような浅いものではないのですが…

 とにかくこの本は、
 「自分が足を踏み入れた俳句の世界は、どこまでも深いんだなあ。そして、深みに潜れば潜るほど、新しい面白みに接することができるんだなあ… 」
 そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:25 | Comment(0) | 秋の季語(時候) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする