ばった (秋の季語:動物)

     螇蚸(ばった・はたはた) 飛蝗 バッタ
     はたはた(蟿螽) ばたばた きちきち きちきちばった
     殿様ばった(とのさまばった) 精霊ばった(しょうりょうばった)

ばったの夫婦
36秋の季語・動物ーばった.jpg
        絵画をスキャナーにて取り込み


季語の意味・季語の解説
==============================
 トノサマバッタやクルマバッタのように体長5センチ程度になる大きなものから、ヒシバッタのような体長1センチ程度の小さなものまで様々な種類がある。

 よく発達した後ろ肢(うしろあし)を持っており、高く遠くへ飛び跳ねることができる。

 メスの方がオスより大きく、交尾の際にはオスがメスの背に乗る。
 このような状態のバッタを見つけると、子供たちはバッタの種類にかかわらず「おんぶばった」と呼んで喜ぶが、「オンブバッタ」という固有の種類も存在する。
 俳句の中の「おんぶばった」が、交尾のために重なった二匹のバッタであるのか、「オンブバッタ」というバッタの種類を指しているのかは、読み手の自由な判断に委ねられよう。

 俳句においては「はたはた」という表現が季語としてよく用いられるので、読者も積極的に用いるとよい。

 また、「きちきち」「きちきちばった」という表現もよく用いられるが、これはショウリョウバッタ(精霊ばった)の俗称である。
 オスが「キチキチキチ…」と羽を鳴らして飛んだりするため、このように呼ばれる。

  肩先に止まつてきつちきつちかな (小林一茶)


季語随想
==============================
 「憧れ」を抱くこと…
 そして、その「憧れ」に向かって、全身の力を振り絞って駆けていくこと…

 大人になったら、やっちゃいけないことだなんて、誰も言ってねえのにな…

 そんなこと考えながら、野道を歩いていたら、
 力いっぱいバッタが跳ねた。

 山へ落ちそうな夕日に向かって、
 力いっぱい、バッタが跳ねた。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 子供の頃、「タッちゃん」という昆虫博士のような友達が近所に住んでいました。
 私はタッちゃんに色々な虫の名前を教わりました。

 大きなバッタの背中に、小さなバッタが載っている理由も教わりました。

 ピョンピョン跳ねてなかなか捕まらないバッタを、タッちゃんと一緒に無心で追い掛けた少年時代…

 今でも鮮明に覚えているあの頃の感情を呼び起こして詠んだのが次の俳句です。

  兄追へりおんぶばつたを握りしめ (凡茶)

 子供の頃や若い頃によく接したものを季語として俳句に詠む場合、当時の感覚を思い出して詠むと、力強い一句に仕上がることがよくあります。
 参考にしてみてください。

 大人になってからは、さすがにバッタを見ても捕えてみようなどと思う元気は無くなりました。
 でも、バッタがしきりに跳ねている空間に潜む静寂、バッタが勢いよく跳ねた後に蘇ってくる静寂に、詩情を覚えるようになりました。
 大人には大人のバッタの楽しみ方があるようです。

  ばつた跳ぶ母校跡地を測量す (凡茶)

  線路跡ばつた散らして踏み越ゆる (凡茶)

 バッタの跳ねる様子、すなわち「動」と、周囲の「静」との対比を楽しんでいただけると幸いです。



≪おすすめの本≫

にんげんだもの 相田みつを
==============================
■ 厳選された言葉の力に触れ、たちまち目頭が熱くなりました。


 20年以上前になると思いますが、書店でなにげなくこの本を手に取り、最初の数ページを読んでみた時の感動を今も忘れていません。
 たちまち心が震え、目頭が熱くなり、その場で感涙をこぼしそうになったので、あわててレジに向かったことを覚えています。

 この本は俳句の本ではなく、書の本ですが、掲載されている数々の作品は無駄のない厳選された言葉で読み手の心を打つ短詩であり、俳句を創る上で大いに参考になります。
 まだ、読んだことのない俳句作者には、ぜひとも読んでいただきたいと思います。

 近頃のインターネットには憎悪や侮蔑の感情から生み出された言葉が氾濫しており、それが若者たちの心にどのような影響を与えているのか、今後が心配でなりません。
 私は、憎しみや蔑みの言葉ばかりに触れ心の荒んでしまった若者たちに、命のこもった本物の言葉に接してもらいたいという思いからも、相田みつをさんの本を紹介することにしました。

 以下に、『にんげんだもの』以外の本、および、『にんげんだもの』も含んだ相田みつをさんの作品集も紹介しておきます。


一生感動 一生青春

雨の日には…

しあわせはいつも

じぶんの花を

相田みつを作品集






季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 13:12 | Comment(0) | 秋の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


蟷螂(かまきり・とうろう) (秋の季語:動物)

     たうらう  かまきり  カマキリ  鎌切
     いぼむしり  拝み虫

36秋の季語・動物・蟷螂.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 蟷螂(かまきり・とうろう)は鎌のような鋭い前肢を持ち、蝶、蜂、蜘蛛など、様々な虫を捕えて食べる。
 
 作物につく害虫も食べてくれるので益虫であるが、鎌で挟んだ獲物をおちょぼ口でむしゃむしゃと食い進んでいく姿は、やはり恐ろしい。

 一般的には「かまきり」と呼ばれるが、いぼむしり、拝み虫などの俗称がある。
 俳人には「蟷螂」と漢字で書いて、「とうろう(たうらう)」と読ませる俳句を作る人が多い。  


季語ばなし
==============================
 子供の頃、夏休みの宿題として、昆虫の標本づくりを課せられたことがある。
 そこで私は、両親に頼み、近くの山へ昆虫採集に連れて行ってもらった。

 山では、町工場のひしめくわが家の周辺では見たこともないような不思議な昆虫を、たくさん捕まえることができた。

 いつも目にするトンボより倍以上大きいオニヤンマ、カラフルで大きな羽を持つアゲハチョウ、水色で宝石のように美しいシオカラトンボ、緑鮮やかなウマオイ…

 たくさんの昆虫を捕まえた私は、これらの虫をピンでとめて標本にし、友達に自慢するのを楽しみにしながら、父の運転する車でわが家へ向かった。

 家に着き、車から降り、トランクから虫籠を出すと、その中はとんでもないことになっていた。

 なんと、多くの昆虫を入れておいたはずの虫籠の中には、最後に捕まえた一匹のカマキリだけしか、虫が入っていないのである。

 大食漢のカマキリは、わずかの時間の間に、オニヤンマもアゲハチョウも、みんな平らげてしまったのである!

 この時、私は、「弱肉強食」という自然界の掟の恐ろしさを、始めてリアルに実感した。

 そして、同時に、私という存在が、弱肉強食を掟とせずに生きていかれる人間であるということを、心よりありがたいと思った。

 近年、人間界にも弱肉強食の掟を浸透させようとする雰囲気が、色濃く漂い始めている。
 人間界がカマキリを入れた虫籠のようにならないよう、物書きとしてやれることはやっていきたい。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 蟷螂(かまきり・とうろう)が獲物を食う様子をじっくり観察し、いくつか写生句を作ってみました。
 私の俳句の場合、「蟷螂」は「かまきり」でなく「とうろう」と読みます。

  蟷螂の共食ひ鎌を食ひ残す (凡茶)

  蜘蛛の腹破る蟷螂のおちよぼ口 (凡茶)
      蜘蛛=くも。 破る=やる。引きちぎること。
      おちよぼ口=おちょぼ口。

  もがく蝉休みては食ふいぼむしり (凡茶)
      いぼむしり=カマキリの俗称。

  平らげて蟷螂鎌の汁を舐む (凡茶)

 正直、どれもこれも気味の悪い、怖い景です。
 そんな景でも、積極的に詠んでいこうとするのが、和歌には無い俳句のたくましさでしょう。

 さて、こんなに怖さを感じさせる蟷螂ですが、この季語を、怖さや気味悪さとは無縁な別の語句と取り合わせてやると、俳諧味のある面白い句ができることがあります。

  蟷螂の奢りきはめる花野かな (佐野蘆文)
      奢り=おごり。

  蟷螂やパフェを分け合ふ女の子 (凡茶)

 最後に、信濃の俳人、小林一茶の一句を紹介します。
 彼の句からは、皆が怖いと感じる蟷螂への愛情を感じ取ることができます。

  蟷螂はむか腹立つが仕事かな (小林一茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 02:17 | Comment(0) | 秋の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


秋刀魚(さんま) (秋の季語:動物)

     さいら

秋刀魚(さんま)
36秋の季語・動物・秋刀魚(さんま)【イラスト】.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 秋刀魚(さんま)は、8月頃北海道近海に現れ、その後徐々に群れを南下させる回遊魚。

 日本の庶民の秋の食卓には欠かせない魚である。

 脂の乗った身の旨さと言ったら、飯も酒も止まらなくなるほどだが、内臓はほろ苦い。
 筆者(凡茶)は骨も炙って酒の肴にする。


季語随想
==============================
 秋刀魚はやっぱり焼くと旨い。
 すだちを絞って、大根おろしと醤油でいただきたい。

 味噌とショウガと生の身をあえて「なめろう」にするもよし。
 我が家では、ごま油、すりごま、コチジャンなども加え、韓国風にして食べたりもする。

 大学時代は、秋刀魚の蒲焼き丼が学食の名物だった。
 からりと揚げて、甘辛いタレに浸したものが丼に乗っけられる。
 うな丼にも負けない逸品だった。

 こんなに秋刀魚は旨いのに、値段は実に安い。
 豊漁の秋などは、五匹が百円で売られてたりする。

 もし、魚の名前と値段をまったく知らない人を百人集めてきて、鯛、伊勢海老、大トロ、秋刀魚の味比べをさせたら、秋刀魚が一番人気を集めるかもしれない。

 もし、一人当たりGNIではなく、「値段あたり美味さ」なるものが計算できたら、秋刀魚は断トツのトップになるのではないか?
 お得な魚である。

 ところで、昨今は秋刀魚をめったに食べられない人が増えているようだ。
 焼けば秋刀魚の匂いが家中に染みついてしまうからだ。

 昔は都会から田舎へ帰省したら、まずは郷土料理が食いたくなるものだった。

 しかし、今は実家に帰ったら、何よりも焼いた秋刀魚を食いたくなる男も多いはずだ。

 秋刀魚は近いようで遠い存在になってきているのか…?


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 俳句は、十七音という短い詩文です。
 ゆえに文字であらわせなかった部分、すなわち言外の情趣が佳句であるか、駄句であるかを左右します。

 秋刀魚(さんま)という季語は、俳句の言外に、日本人、それも庶民の日常を描きだす力を持っています。

 秋刀魚という季語を積極的に使って、庶民の暮らしの持つ、力強さ、悲哀、したたかさ、優しさなど、いろいろな側面を描いていきたいものです。


  秋刀魚焼く合戦の地の端に老い (凡茶)

  死に票を投じて来たり秋刀魚焼く (凡茶)



≪おすすめ商品≫

CASIO Ex-word 電子辞書
==============================
■ 俳句関連の充実した電子辞書です!


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

   
現代俳句歳時記
   ホトトギス俳句季題便覧
   合本俳句歳時記第三版

 俳人にとっては実にありがたいですね!

 また、この電子辞書には、歳時記の他にも、各種の辞典文学作品等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 03:11 | Comment(0) | 秋の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


蜩 (秋の季語:動物)

     ひぐらし かなかな かなかなぜみ

初秋の夕暮れ
31秋の季語・時候・初秋の夕暮れ(ウェブ).jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 晩夏から初秋にかけて、夕暮れ時になく蝉。
 その鳴き声から、「かなかな」「かなかなぜみ」とも言う。


季語随想
==============================
 蜩が鳴き始めた。

 何かを嘆く声に聞こえないこともない。
 何かをあざ笑う声に聞こえないこともない。

 自己責任という言葉が都合よく語られるようになったこの日本で、
 勝ち組にくくられる人々には、
 蜩の声はどう聞こえているのだろう…
 負け組にくくられた人々には、
 蜩の声はどう聞こえているのだろう…

 しばらく蜩の声を聞いていた。

 何やら心が静まっていることに気付いた。

 蜩の声は、
 ただ、夏から秋への移ろいを告げているだけであることに、
 気付いた。


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 蜩という季語は、夕暮れの「あはれ」や、季節が夏から秋へ移ろうことの「もの悲しさ」を感じさせます。
 同時に、蜩の声の背後にある「静寂」を強く意識させます。

 下の俳句は、そうした情趣を生かすように作った、音と物との取り合わせの句です。
 私の自信作の一つです。


  かなかなや文字の小さき置手紙 (凡茶)



≪おすすめ商品≫

CASIO Ex-word 電子辞書
==============================
■ 俳句関連の充実した電子辞書です!


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

   
現代俳句歳時記
   ホトトギス俳句季題便覧
   合本俳句歳時記第三版

 俳人にとっては実にありがたいですね!

 また、この電子辞書には、歳時記の他にも、各種の辞典文学作品等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 17:30 | Comment(0) | 秋の季語(動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする