冬の季語<植物> 〜目次ページ〜

帰り花(狂い咲き)
47冬の季語・植物・帰り花(狂い咲き)(ウェブ).jpg
        デジカメ写真

冬のぽかぽか暖かい日に、桜などが春と間違えて咲いているのを見かけることがある。これが帰り花(狂い咲き)。冬の季語である。


掲載季語(50音順)

<か行の季語>
寒椿
木守柿

<さ行の季語>
早梅・冬の梅



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太著
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 12:01 | Comment(0) | 冬の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


木守柿 (冬の季語:植物)

     木守柿(きもりがき・こもりがき) 木守(きまもり)

木守柿
47冬の季語・植物・木守柿@.jpg
        デジカメ写真


季語の意味・季語の解説
==============================
 収穫を終えた柿の木に、ぽつんと一つだけ残された柿の実をよく見かける。
 これを木守柿、あるいは木守と言う。

 今年もたくさんの実を与えてくれた木を労っているのか。
 それとも、来年の実りを祈念して、神に捧げているのか。
 あるいは、腹を空かせた鳥や旅人のために残してあるのか。

 木守柿には鄙びた印象があるが、同時に、粋(いき)も感じる。
 また、寂しさや侘しさとともに、愛しさを覚える。


季語随想
==============================
 たくさんの後悔が心の中の枝にぶら下がっている。
 柿の実をもぐように、その後悔を一つずつもいでいく。

 もいだ後悔は、忘却と言う籠に放り込んでいく。
 次々ともいでは放り込む。
 今日を生きるため、そして、明日へ進むために。

 もいで、もいで、もぎ続けたのち、一つだけ、どうしてももぎとれない後悔があることに気付く。
 もぎとって忘却の籠へ放ることの出来ない、強かな後悔があることに気付く。

 その後悔とじっくりと向き合ってみる。
 すると、その後悔が、己をたくましくしてくれているということがわかってくる。

 同じ様な後悔を繰り返すまいという思いが、勇気、こだわり、粘り、そして希望の源になっていることがわかってくる。

 最後にもぎとれずに残ったこの後悔…
 それは、己という幹を、冬の寒風から守ってくれる、木守柿なのだ。


47冬の季語・植物・木守柿A.jpg
        デジカメ写真


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 枝にポツンと残された木守柿には、やはり、寂しさ、侘しさがあります。

  木守や西の空見てハーモニカ (凡茶)

 同時に、冬空を背に真っ赤に熟している木守柿には、心にしみるような愛しさも覚えます。

  初恋の空思ひ出す木守柿 (凡茶)



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 13:08 | Comment(0) | 冬の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


早梅・冬の梅 (冬の季語:植物)

     早梅(そうばい) 早咲の梅 梅早し 冬の梅

47冬の季語・植物・早梅ー冬の梅【イラスト】.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 温暖な土地、南向き斜面など、日当たりの良い場所に、春を待たずに咲いた梅のこと。
 冬の梅とも表現される。

 寒梅、寒紅梅、冬至梅などの季語もあるが、これらは梅の特定の品種を指す。
 これに対し、早梅、冬の梅は、冬季に咲いた梅一般をさす。


季語随想
==============================
 どんなにこごえていても
 あの人の「なんとかなるさ」を聞くと
 心の中に早咲きの梅が開く
 
 一輪の可憐な冬の梅が開く
 
 その梅の花を静かに眺め、楽しんでいると
 いつのまにか、胸の中の鉛が
 あとかたもなく消えちまってる


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 他の花に先駆けて咲いた早梅・冬の梅には、たくましい命の力を感じますが、そうは言っても、やはり、梅の花は可憐で、愛おしい花です。

 そんな可憐さ、愛おしさがしっかり生きるような空間を俳句の中に設けてやりたいものです。

 まずは、江戸時代の俳人、与謝蕪村の句をご覧ください。

  早梅や御室の里の売やしき (蕪村)

 御室(おむろ)の里とは、京都の仁和寺周辺の里のことです。
 蕪村は、この御室の里の、売りに出された屋敷に咲いている冬の梅に感動し、一句を詠みました。
 この梅の木を育ててきた屋敷の前の主の人柄が窺われます。

 次の二句は私の俳句です。
 季語の持つ可憐さ、愛おしさを損なわぬよう、さりげない景を取り合わせてみました。

 うまく季語を生かせているでしょうか?

  早梅や無人駅指す道しるべ (凡茶)

  庭履きに残るぬくもり冬の梅 (凡茶)


≪おすすめ・俳句の本≫

俳句の宇宙 長谷川櫂著
==============================
■ 俳句は深くて、面白いなあ… 心からそう思えた本でした!


 最も私の心をとらえたのは第四章「間について」
 この章を読み、俳句の「切れ」を「間」と捉え、その「間」をじっくり味わおうとするようになってから、既に目にしていた名句が、それまでとは違って見えてくるようになりました。

 また、第七章「宇宙について」も、面白くてあっという間に読んでしまいました。
 この章で、「造化」というものに関する著者の考え方を読んでから、芭蕉の時代の句に接する際は、その句が生み出される場としての「造化」というものを読み取ってみようと意識するようになりました。
 もちろん、私ごときが読み取ろうと思って読み取れるような浅いものではないのですが…

 とにかくこの本は、
 「自分が足を踏み入れた俳句の世界は、どこまでも深いんだなあ。そして、深みに潜れば潜るほど、新しい面白みに接することができるんだなあ… 」
 そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。



季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 03:42 | Comment(0) | 冬の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


寒椿 (冬の季語:植物)

     冬椿 早咲の椿

寒椿
47冬の季語・植物・寒椿【イラスト】.jpg
        パソコン絵画


季語の意味・季語の解説
==============================
 単に椿と言えば春の季語であるが、冬に咲く椿は、寒椿、冬椿、早咲の椿と呼ばれ、冬の季語に分類される。
 雪の降ったあとの庭に咲く真っ赤な寒椿は艶やかでもあるが、寒さに耐えて凛と咲く姿はけなげでもある。


季語随想
==============================
 「花に例えるならば、あなたの好みの女性は、どんな花ですか?」と聞かれたら…

 わたしは、「たんぽぽのような女性が好きです。」と、答えるように思います。

 おそらく日本の男には、似たような答え方をする者が多いのではないでしょうか?

 「野に咲くすみれや、れんげのような女性がタイプです…」のような感じで。

 派手さは無いけど、愛らしく、自分にも手の届きそうな、陽だまりの似合う女性…
 日本の男はそんな女性が好みです。

 ですから、最近、ドラマや映画のヒロインを演じる女優さんは、たんぽぽのような人が多くなったような気がします。

 されど、多くの男は、冬枯れの景色の中に、真っ赤に咲いて人目を引きつける寒椿のような、圧倒的な美しさ、色気をまとった女性に目を奪われるのも事実です。

 殺伐としたこの不況の世に、寒椿のような女優が表れて、しょぼんとして伏し目がちな親父たち心の中に、凛々しかった頃の若さをよみがえらせてほしいものです。

 ただ、あまりに魔性が強く、妖艶すぎて、われら親父を、骨抜きにしてしまっては困りますがね…


季語の用い方・俳句の作り方のポイント
==============================
 上の季語随想を読んでいただければわかるように、私は、寒椿という季語には、手の届かない女性の持つ艶のようなものを感じます。

  外湯まで一つの傘で寒椿 (凡茶)

 しかし、それは寒椿という季語の持つ、ほんの一部の印象に過ぎません。
 冬の寒さの中に咲く寒椿には、強さも、いとおしさも感じます。
 また、花の鮮やかな赤と、葉の深い緑からは、何か、日本の美の王道ここにあり、というような感動も受けます。
 いろいろな俳句を作って、いろいろな寒椿の魅力を引き出してみましょう。

 信濃の俳人、小林一茶の次の句には、寒椿の色の鮮やかと、寒さの中に咲く花の健気さが詠まれています。

  火の気なき家つんとして冬椿 (一茶)



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500RD



 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。




季語めぐり 〜俳句歳時記〜 トップページへ
posted by 凡茶 at 01:35 | Comment(0) | 冬の季語(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする